ロードバイク完成車:パーツのグレードアップは、どの順番がお勧め?

完成車を購入してしばらく乗っていると、パーツのグレードアップに興味が出てくると思います。予算の確保ができれば、一気にパーツを総取っ替えもできますが、限られた予算内で少しずつ替えていこうという方も多いと思います。でも、どのパーツから手を付ければよいか迷うこともあるでしょう。そこで、自分のお勧めの順番を紹介します。

①:ブレーキ
コンポーネントと呼ばれるパーツ群で、最もグレードの違いで性能差が表れるパーツはブレーキです。完成車で多く採用されているシマノのSORA・TIAGRA・105と、DURA ACEやULTEGRAでは、制動力に大きな差があります。初心者がロードバイクに乗って「ブレーキが意外と効かない」というのは、割と多く聞かれます。「止まら(れ)ないかもしれない」という不安を取り除くために、ブレーキのグレードアップを真っ先にお勧めしています。スピードをコントロールする・安全に止まるというのは、自転車に乗る上で最も大事な動作です。
ブレーキをグレードアップして、「下りが怖くなくなった」「止まらないかもしれないという不安がなくなった」という感想は多いです。シマノならULTEGRA以上、カンパニョーロならCHORUS以上のモデルを選ぶと、制動力が格段に向上します。

d0264476_14322445.jpg

②:タイヤ
ブレーキと似ている理由で、グリップ不足の不安を取り除くために、タイヤのグレードアップも他のパーツより優先して行いたい箇所です。廉価モデルのタイヤもグリップ力が向上していますが、やはり上位モデルのタイヤとは大きな差があります。下りやコーナーを安心して走るためや、ブレーキの制動力をきちんと発揮するためにも、タイヤのグリップは大きな役割を担っています。
予算が許すなら、ミシュラン・パワーコンペティションのようなフラッグシップモデルがお勧めですが、予算的に厳しい場合は、セカンドグレードでも十分なグリップ力を持つタイヤがあるので、お店に相談してみましょう。

d0264476_14322418.jpg

③:ホイール
①と②は不安や恐怖心を取り除くためのパーツでしたが、3番目は走りのパフォーマンスを向上させてくれるホイールです。場合によっては、フレームよりもパフォーマンスの変化を感じられるパーツです。完組ホイールに限らず、ロングライド向けには乗り心地に優れた手組ホイールもお勧めです。
予算をたくさん確保できる場合でも、いきなりカーボンホイールを購入するのではなく、フルクラム・RACING ZEROなどのアルミホイールの最上位モデルにすることをお勧めします。そのホイールを使ってみて、さらに欲しい性能を具体的に見出して、さらに上位のカーボンホイールを探すのが良いと思います。
アルミホイールといえども、最上位モデルとなると軽く10万を超えてしまうので、「さすがにそこまでは…」という方には、シマノ・ULTEGRAやカンパニョーロ・ZONDA、フルクラム・RACING3がお勧めです。

d0264476_14322410.jpg

お勧めの順番を3番目まで紹介しましたが、残りのパーツは各々のお好きなように!となります(笑)。見た目を重視するならハンドル・ステムやコンポーネントの顔と言われることもあるクランク、快適性向上ならサドルやシートピラーでしょうか。変速系のグレードアップは、互換性や性能発揮のために、デュアルコントロールレバー・フロントディレイラー・リアディレイラーは、まとめて替えてしまうことをお勧めします。

不安や恐怖心を持ったままだと、楽しく自転車に乗ることが難しくなってしまうこともあるので、まずはそれらを取り除くためにブレーキやタイヤからグレードアップしていきましょう!というのが、自分の考えです。

by SG_Meccanico | 2017-12-23 16:00 | 自転車の色んな楽しみ方 | Comments(0)

扁平スポークと丸スポーク、どっちの方が振れ取りし易い?

中級グレード以上の完組ホイールに多く採用されている扁平スポークと、手組ホイールや廉価な完組ホイールでよく見る丸スポークで、「どちらの方が振れ取りし易いの?」と稀に質問されます。

d0264476_15252374.jpg

この質問に対する答えは、『扁平スポーク』です。ある程度以上のスポークテンションが掛かると、ニップルを回す時にスポークが捻じれようとするのですが、扁平スポークだと回り止めを使えるので、スポークの捻じれを殆ど気にせずに振れ取りができます。また、回り止めがスポーク幅にピッタリ合わなくても、ニップルを回した時にどのぐらいスポークが捻じれたかを目で確認できるのも、扁平スポークの利点です。

d0264476_15252463.jpg

丸型スポークのホイールを振れ取りする時は、できるだけスポークが捻じれないように工夫しながら作業するのですが、ニップルを回した時にどれだけ捻じれたかを意識しないと正確な振れ取りができません。軟らかくて粘りがある丸型スポークは、ビックリするぐらい捻じれることもあるので、馴染み出しも念入りにやります。

リムの精度やスポークの硬さにも因るところもありますが、平均的に扁平スポークの方が振れ取り・センター出しの作業時間は短く済みます。

by SG_Meccanico | 2017-12-16 16:00 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)