Sports Cycleメンテナンス SG_Meccanico

meccanico.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

時々「自転車はタイヤのローテーションってやらないの?」と聞かれることがあるのですが、「安全マージンを稼ぐためにやらない方が良い」と答えます。
自転車(二輪車)は、スリップなどで前輪の挙動が乱れてしまうと、ほぼ立て直しが効かずに落車してしまうからです。一方、後輪の挙動の乱れは、立て直しが効く場合があります。なので、前輪には必ず減りの少ない状態が良いタイヤを使うようにします。

d0264476_14282183.jpg

「下りは飛ばさないから」と前輪に減りが多いタイヤを使っている人がいますが、安全マージンを大きく取るために、やはり減りが少ない状態が良いタイヤを使うことをお勧めします。下りを飛ばさない人(下りが苦手な人)は、コーナーリング中でも前ブレーキを掛けていることが多く見受けられ、ただでさえ前輪がスリップし易くなっているのに、そこに減りが多いタイヤを使うと、さらにスリップし易い状態になってしまいます。

できるだけ安全マージンを大きく取るために、原則として前輪には減りの少ない状態が良いタイヤを使いましょう。安全マージンをできるだけ大きく、リスクをできるだけ少なくが、安全で快適な自転車生活を送るための基本です。

by SG_Meccanico | 2017-11-25 15:00 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

2.5㎜の違い

この5年ほど172.5㎜のクランクを使っていたのですが、ひょっとしたら回し切れていない?と感じ、8月にクランク長を170㎜に戻しました。

d0264476_14473593.jpg

通常の巡航時では長さの違いを感じることはないのですが、高い負荷が掛かる場面や疲れが出てきた時に、172.5㎜ではペダリングのロスが多くなっているかもと感じていたのが、170㎜ではスムーズに回すことができ、ペースの落ち幅が少しだけ緩くなっているように感じます。まだ3ヶ月ですが、今のところは170㎜に戻して良かったと思っています(^_^)

短い方のクランクが良いという訳ではなく、各々の脚の長さや身体の稼動域のキャパシティの大きさによって適正な長さが決まるものなのだと、クランク長選びの難しさを改めて感じました。ある程度使い続けてみないと分からないのも、難しさの要因の1つだと思います。
自分の場合、脚の長さ(股下82㎝)だけをみると172.5㎜が適正かなと思いますが、身体の可動域のキャパシティが小さいのか(^^;)、170㎜の方が合っているようです。

by SG_Meccanico | 2017-11-07 17:00 | My Bike | Comments(0)

3年程老舗自転車店で修業後、プロショップ開業を目指して福岡市早良区で迂回運転中。自宅のガレージで預かりにて、点検・整備・パーツの組み替えの依頼を受付けています。お問い合わせはこちらへ。sg_meccanico@dream.bbexcite.jp


by SG_Meccanico