カテゴリ:メンテナンス( 59 )

SILCA PISTAを分解洗浄

SILCA PISTAを長年愛用している人が多いので、空気の入りが悪くなったり、空気が入れられなくなったりすることがあると思います。でも、消耗品を交換したり、分解して洗浄すれば、新品と変わらない状態に戻すことができます(^_^)
d0264476_23262730.jpg
消耗品の交換は、殆どの場合が皮パッキンだけで済むことが多く、使用頻度によりますが、3年前後が交換時期です。空気が入らなくなった!という場合は、まず皮パッキンに破れがないか確認してみてください。
分解して洗浄する時は、メインパイプだけでなく、メーターとインナーバルブも外して台座内部のカスを取り除いてあげましょう。
d0264476_23334139.jpg
簡単な構造のおかげで壊れ難く、修理もそれほど苦労せずにできるSILCA PISTAは秀逸なフロアポンプです(^_^)

by SG_Meccanico | 2016-08-23 06:30 | メンテナンス | Comments(0)

口ゴムが12年も耐えるヒラメ横カム

最強のポンプヘッドと言われるヒラメ・ポンプヘッド横カムを、トラブルも消耗品の交換も無く12年使い続けてきましたが、最近ポンピング中にすっぽ抜けるようになったので、口ゴムを交換しました。新品の口ゴム(写真左)と古い口ゴム(写真右)を並べると、その消耗度合が良く分かります。
d0264476_9235155.jpg

走る前に必ずエアチェックを兼ねて空気を入れるにも関わらず、負荷が掛かる口ゴムが12年も耐えたことは驚きです。

同じヒラメの縦カムも良くできたポンプヘッドですが、こちらはバルブを固定する時に口金に力が掛かるので、だんだん膨らんできて型をとったように割れてしまいますが、横カムは口金の変形が全くありません。さらに、横カムも縦カムも同じ口ゴムが使われているにも関わらず、耐久性に雲泥の差があり、縦カムしか使えない奥行きがない一部のディスクホイールを除けば、ヒラメのポンプヘッドを購入する場合は横カム一択と言って良いでしょう。あのSILCAが横カムを真似したのをみれば、ヒラメ横カムの完成度の高さが分かります。

by SG_Meccanico | 2016-08-09 06:30 | メンテナンス | Comments(0)

プーリーは消耗品

消耗品だということを忘れ去られがちなリアディレイラーのプーリーですが、ちゃんと交換していますか?
写真の消耗したプーリー(下の2つ)は、綺麗にテーパー状に削れて一見正常に見えますが、新品(上の2つ)と比べると、かなり削れてしまっているのが分かると思います。
d0264476_9321224.jpg

ガイドプーリー(リアディレイラー上側のプーリー)は、変速性能にも影響する意外と大事な箇所です。ワイヤーの張り調整をしても変速のキレが悪いなという時は、原因の1つかもしれないので、プーリーが消耗していないかもチェックしましょう。

by SG_Meccanico | 2016-01-30 12:00 | メンテナンス | Comments(0)

アルミとカーボンの固着に気を付けて!

アルミフレームにカーボンのシートピラー、もしくはカーボンフレームにアルミのシートピラーを使用する場合、シートチューブ内に滑り止めジェルやグリスを塗っていますか?
d0264476_20204582.jpg

アルミは錆び難いと認識されていますが、一度腐食し始めると進行が早く厄介です。アルミパーツから白い粉がふいているのを見たことがないでしょうか?腐食がアルミを侵すと同時に、ふき出てきた白い粉がカーボンにも食い込んでいき、アルミとカーボンの固着が起こります。この固着が非常に厄介で、簡単に外れることは殆どなく、あの手この手を使っても外せないことがあります。

基本的には強過ぎない締め付けトルクでシートピラーを固定できるように滑り止めジェルを、フレームとシートピラーの相性によってきつい場合はカーボンを侵さないグリスを塗って、アルミの腐食による固着を防ぎましょう。

by SG_Meccanico | 2015-12-15 20:35 | メンテナンス | Comments(0)

焼き付き防止にスレッドコンパウンド

鉄のボルトをチタンやステンレスのボルトに替えている場合があると思いますが、ちゃんと焼き付きの防止はしていますか? 異種金属の接触によって起こる焼き付きは、お互いの金属の電位差によって起こる固着なのですが、これについて詳しく知りたい方はググってください(笑)。
ワコーズのスレッドコンパウンドは、グリスに銅の粉末を混ぜて、異種金属が接触しないようにして、焼き付きを防止するアイテムです。ワコーズ以外の焼き付き防止のグリスも、殆どが銅の粉末を混ぜているのですが、何故銅なの?と思う方は、これもググったら分かり易い解説を見つけられます(笑)。
d0264476_20243125.jpg

スレッドコンパウンドのような焼き付き防止のグリスは、非常に細かい銅の粉末を含んでいるせいか、シミのような汚れが残り易いので、ボルト以外の物に付着しないように気を付けて作業してください。衣服に付くと、なかなか汚れが取れず面倒です。

by SG_Meccanico | 2015-12-08 20:40 | メンテナンス | Comments(0)

年に一度はホイールのセンター出しと振れ取りをしましょう!

そろそろ愛車のオーバーホールをしようかなと思っている人が多くなる時期ですね。一言でオーバーホールと言っても、チェーンやワイヤー類などの消耗品を交換するだけだったり、BBやハブなどの回転部分もばらして整備したりと、色んなメニューがあると思います。自分がオーバーホールでバイクを預かる時は、どんなメニューでも必ずホイールのセンター出しと振れ取りをやります。
d0264476_23411414.jpg

リム精度の良いホイールは振れが出難く、パッと見た感じでは分かりませんが、1年も使えばセンターがずれていることが多いです。特に左右のスポークテンションが違うリアホイールは、高確率でセンターがずれています。前後のホイールが一本のレール上にあるのとないのとでは、自転車の進み方に影響します。自転車がスーッと進まないとか、左右でコーナーリングの挙動がちょっと違うなんてのは、ホイールセンターのずれが原因の場合もあります。

決戦用ホイールも練習用ホイールも、性能をフルに引き出せるように、ちゃんとメンテしてあげましょう。フレームの芯が出て、ホイールもきちんとセンター出しされた自転車は気持ち良く進んでくれます(^_^)

by SG_Meccanico | 2015-12-01 06:30 | メンテナンス | Comments(0)

走った後に愛車をサッとひと拭き

外を自転車で走り回って帰ってきた時に、バイクを拭く人はどれぐらいいるでしょうか? 「疲れてるし、面倒臭いなぁ」と思うこともあるでしょうが、ウエスなどでバイク全体をサッと拭いてあげると、頻繁に洗車しなくてもバイクを綺麗に保つことができます。汚れを放っておくと、汚れが取れ難くなったり、シミになってしまうこともあります。
バイクをサッと拭くのはたった1~2分で終わるので、癖を付けてしまえば、面倒臭がりな自分でも習慣化できています。簡単なバイクの点検にもなるので、異常をいち早く見つけることにも繋がりますよ(^_^)
でも、雨に降られてしまった時は、アチコチに砂や塵が付着してしまうので、面倒臭くても諦めて洗車しましょう(^^;)

by SG_Meccanico | 2015-10-20 15:35 | メンテナンス | Comments(0)

結局4アームクランクのピンは緩み易い

何度か4アームクランクのピンが緩み易いという記事を書きましたが、ねじロック243を塗布してこれで解決かと思ったら、先日聞きなれた異音がして、ピンの締まり具合を確認すると、4本とも緩んでいました。一番緩んでいたピンは1/2回転以上緩んでおり、やはり5アームクランクのピンよりも緩み易いようです。緩み止め剤を使用しても、半年ごとに点検・締め直しが必要という結論に至りました。
d0264476_9483930.jpg

4アームクランクのピンの緩み対策は、
・ちょくちょくギヤを外して掃除する人 → 緩み止め剤を使用せず1ヶ月ごとに点検・締め直し
・オーバーホールぐらいしかギヤを外さない人 → ねじロック243(脱出トルク5N・mの中強度タイプ)程度の緩み止め剤を塗布してピンを締め、半年ごとに点検・締め直し
をやるようにしてください。
緩み止め剤をねじロック243(脱出トルク5N・mの中強度タイプ)より強力なタイプにすると、緩めようとした時にピンが破損する可能性があるのでお勧めしません。

by SG_Meccanico | 2015-10-13 11:30 | メンテナンス | Comments(0)

STI本体の交換で快適なシフトに♪

9000番のDURA ACEに換装して11速化したいところですが、懐が寂しいので(^^;)、右STI本体を交換して7900番DURA ACEに延命措置を施しました。
4万㎞以上使い、中のインデックスが消耗して、変速がスムーズにできなくなっていましたが、本体の交換をすると、カチッとした変速のフィーリングが戻って快適になりました♪ STI本体の交換も、7800番までのようにバネを抑えながら作業しなくてもよいので、とても楽にできるようになっています。
d0264476_171664.jpg

リアディレイラーのバネも少しヘタっているので、こちらも交換すると新品同様の変速性能になるのですが、予算の都合で今回は見送りました。まだしばらくは7900番のDURA ACEに頑張ってもらおうと思います(^_^)

by SG_Meccanico | 2015-08-18 06:30 | メンテナンス | Comments(0)

雨のレース後にブレーキシュー交換

先日のHSRはそれほどブレーキを掛けるところがないのですが、路面がフルウェットで予想以上にブレーキシューが減ってしまったので、前後とも新しいシューに交換しました。
d0264476_8351780.jpg

前モデルのR55C3は少しでもブレーキセンターがずれると音鳴りしやすい欠点がありましたが、現行のR55C4はその欠点を解消しています。ドライ・ウェット共に制動力は申し分なく、通常のアルミリムならこれで何の不満もないですね。

by SG_Meccanico | 2015-05-09 08:45 | メンテナンス | Comments(0)