ホイールのタイプ別特徴:リムハイトが35㎜前後のカーボンチューブラーホイール

リムハイトが35㎜前後、もっというと35~40㎜のカーボンチューブラーホイールは、上り・平坦・インターバルと、どのシチュエーションでも高いレベルでこなしてくれる万能選手です。また、ハンドリングの癖があまり無いので、バイクコントロールがし易く、値段を除けば(笑)誰でも気軽に使えるのではないでしょうか。相当な強風でもない限り、横風への対処もそれ程問題ありません。
さらに、リムハイトが50㎜以上のホイールと比べると乗り心地が良く、長時間のライドでも快適に過ごせると思います。

そんな優等生の欠点をあえて挙げるなら、ノーマルハイトのアルミホイールと同様に、上りや平坦に特化したホイールに劣る場面があるということです。

「カーボンホイール選びに迷った時は、とりあえずこれ!」となるオールラウンドなホイールカテゴリです。

by SG_Meccanico | 2016-04-30 06:30 | メカニコ的ホイール論 | Comments(0)