Sports Cycleメンテナンス SG_Meccanico

meccanico.exblog.jp
ブログトップ

サドルバッグの中もチャック付整理パックでパッキング

以前、予備チューブはビール袋などで包んでサドルバッグの中に入れましょうと書きましたが(予備チューブは包んで大切に)、より擦れに強い厚手のチャック付整理パックに入れるようにしました。
d0264476_2142476.jpg

予備チューブ以外にも、携帯工具とパッチ・タイヤブートもそれぞれチャック付の整理パックに入れています。それぞれ別けて整理パックに入れるのが肝で、擦れによるチューブやパッチ・タイヤブートの消耗を防ぎます。
携帯ツールも整理パックに入れるのは、雨の中を走った後に金属類が錆びるのを防ぐためです。雨に降られた後に自転車の掃除・乾燥はしても、サドルバッグの中身を出して乾燥させる人は少ないと思います。何かの時に、サドルバッグの中の携帯工具を見たら錆びだらけだった(ーー゛)ということがありませんか? 防水のサドルバッグなら中は濡れ難いですが、少しでもジップが開いてるとそこから浸水して、同じことが起こり得ます。簡易パッチやタイヤブートの糊も濡れると接着力が弱くなってしまうので、注意しましょう。


ちなみに、チューブなどを包むチャック付整理パックは、B7サイズがちょうど良いです(^_^)
by SG_Meccanico | 2015-07-11 21:20 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

3年程老舗自転車店で修業後、プロショップ開業を目指して福岡市早良区で迂回運転中。自宅のガレージで預かりにて、点検・整備・パーツの組み替えの依頼を受付けています。お問い合わせはこちらへ。sg_meccanico@dream.bbexcite.jp


by SG_Meccanico