Sports Cycleメンテナンス SG_Meccanico

meccanico.exblog.jp
ブログトップ

CANYONのヘッド調整

CANYON独自のヘッドパーツの調整方法を説明します。
d0264476_19251738.jpg

ステムのコラム側のボルトを緩めた状態で、フレームに付属のトルクスレンチでネジを緩めて、ヘッド調整パーツの目盛が一番右にくるようにします。次にステムを上から抑えながら、コラム側のボルトを締めます(締め過ぎに注意!)。適正トルクでステムのボルトを締めたら、ヘッド調整パーツのネジを、ヘッドのガタが無くなるまで締めていきます。大体、目盛の真ん中まで締めぐらいでちょうど良くなると思います。目盛の真ん中でもガタがある場合は、目盛が一番左にくるまで締めてください。
d0264476_19315820.jpg

ヘッド調整パーツのネジを締めることで、パーツの上部が斜めにスライドして、ヘッドのベアリングを抑える構造になっています。上の写真を見ると、ヘッド調整パーツの上下に隙間ができているの分かるでしょうか?
カーボンコラムなので、取扱いが不安な方は、プロショップに持って行って、きちんと工賃を払って調整してもらいましょう!
Commented by yas at 2015-03-16 12:39 x
参考にさせて頂きました。canyonは情報が少ないので助かります。
Commented by SG_Meccanico at 2015-03-17 00:37
yasさん、参考になったようで何よりです(^_^)
by SG_Meccanico | 2013-03-22 19:45 | メンテナンス | Comments(2)

3年程老舗自転車店で修業後、プロショップ開業を目指して福岡市早良区で迂回運転中。自宅のガレージで預かりにて、点検・整備・パーツの組み替えの依頼を受付けています。お問い合わせはこちらへ。sg_meccanico@dream.bbexcite.jp


by SG_Meccanico