秋の難しいウエア選び

10月に入ってから一気に涼しくなって、朝は肌寒く昼は暖かいというウエア選びに悩む季節になりました。日中でも平地は暖かいけど山は肌寒いなんてことも多々あります。
そんな季節にお勧めなのが、胴の冷えを防ぐことができるベストと半袖のジオラインです。胴の冷えを防ぐだけで、寒さの感じ方が大分マシになります。ジオラインは冬用インナーのイメージが強いかもしれませんが、しっかり汗を吸い出してくれるので、20℃ちょっとぐらいまで十分使えるので、1枚持っておくと重宝すると思います。ベストは暖かくなってきたら、ツールボトルやポケット・背中側のジャージ内(第4のポケット)に入れることができて邪魔にならないのが魅力的です。
d0264476_09051227.jpg
普段インナーを着用しない人は、夏用のインナーを着るだけでも、より汗を吸い出して体をドライに保ってくれることで、体の冷えを防いでくれます。ジャージだけ着るのと、ジャージ+インナーを着るのとでは、体をドライに保ち易いことと、空気の層が1つ増やせることもあり、暖かさが違ってきます。

寒暖の差が大きいと体調を崩す原因にもなり易いので、きちんと対策してサイクリングを楽しんでください(^_^)

# by SG_Meccanico | 2016-10-15 10:00 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

首を振って周りの状況を把握

1人でのサイクリング~集団でのレースに関わらず、しっかり前を見て走ることが一番重要ですが、それと合わせて首を振って周りの状況をきちんと把握することも重要なことです。

レースでは、周りの選手の挙動や状態を把握することは、トラブルを回避しつつ、色々な思惑がある中を上手く走り切るためにとても大事なことです。周りを見ずに走ると、脚がある人は周りにいいように使われて、そうではない人は訳が分からずただレースに呑まれてしまうだけになってしまいます。最後の勝負に絡む脚がないとしても、周りの状況を把握して上手く立ち回れば、中盤~終盤に差し掛かるぐらいまで、それなりにレースを楽しんで走ることはできます(ヒルクライムレースは除く)。
d0264476_22155799.jpg
1人でサイクリングする場合でも、道の脇から車やバイク・歩行者が出てこないか、対向車が右折してこないかなどを気を付けなければいけません。車や歩行者が殆どいない山道でも、野生動物が道路やその脇にいることがあります。何か違和感や気配を感じたら、しっかり顔をそちらに向けて確認することは、できるだけトラブルを回避するためにとても大きな役割を果たしてくれます。

# by SG_Meccanico | 2016-10-01 06:30 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

チューブ使い過ぎてませんか?

今お使いのチューブは、どれぐらいの期間使い続けたものでしょうか?
タイヤやリムとの擦れで摩耗したり、バルブの根本はブレーキング時などで捩じられたりと、チューブは意外と負荷が掛かり消耗していきます。なので、チェーンなどと同じように、ある程度使ったチューブは交換するようにしましょう。
d0264476_13374888.jpg
使用状況にもよりますが、通常のブチルチューブは1年~1年半、軽量ブチルチューブは1年、ラッテクスチューブは半年以内が、交換時期の目安だと思ってください。ラテックスチューブは、使わなくても気温や湿度の変化で劣化する上に摩擦に弱いので、半年以上の使用はお勧めしません。また、走行距離が多い人は、交換時期が短くなります。

# by SG_Meccanico | 2016-09-24 06:30 | メンテナンス | Comments(0)

今年もあります、田んぼのお絵描き。

昨年サザエさんの似顔絵が描かれていた田んぼですが、今年もお絵描きがしてありました(^_^)
d0264476_16105980.jpg
今年は動物の絵で、右からキリン・ゾウまでは分かるのですが、残り3匹は・・・何でしょうか?(^^;) これから、さらに色付いてくるので、行く度に色彩が変わるので、ちょくちょく寄ってみようと思います♪ ちなみに、昨年のサザエさんの似顔絵はこちら。
d0264476_16105975.jpg
場所は、板屋峠の麓・大門交差点の近くです。県道56号線の山手側にある田んぼの中に見えるお立ち台が目印です。

# by SG_Meccanico | 2016-09-13 06:30 | 自転車の色んな楽しみ方 | Comments(0)

正しく空気圧を管理するためのエアゲージ

エアゲージ(空気圧計)は、タイヤの空気圧を管理・調整したり、フロアポンプのエアゲージが本当に正しい数値を示しているかを確認するための必需品です。エアゲージ自体も長年使用すると、メーターの表示が少しずつずれるので、同じものを入れ替わりで新調しました。
d0264476_10205288.jpg
空気圧は0.1Bar単位の調整で十分なので、より細かい数値を見ることができるデジタルゲージではなく、格好が良いアナログゲージを愛用しています。頻繁に出番があるわけではないですが、正しく空気圧を管理するために、1つは持っておきたいアイテムです。

# by SG_Meccanico | 2016-09-06 06:30 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)