バルブコアの緩み

チューブラータイヤをお使いの皆さん、バルブコア(下の写真の銀色の部分)に緩みがないか点検していますか?
d0264476_16241120.jpg

WO用のチューブ(特にロングバルブ)でも、このバルブコアを取り外しできるようになっている物があります。
Vittoriaの取り換え可能なアルミバルブも同様です。
d0264476_16271640.jpg

バルブコアを締める工具をお持ちでない方は、行きつけのショップで絞めてもらってください。
最近空気の抜けが早いような気がするという方は、要チェックです!

# by SG_Meccanico | 2012-07-09 16:32 | メンテナンス | Comments(0)

各種スポークレンチ

スポークレンチが一通り揃って、ユーザーが多いカンパ(フルクラム)・シマノ・MAVIC・手組のホイールに対応できるようになりました!
他にもZIPPとEASTONの一部モデルにも対応できます。
d0264476_19441695.jpg

この中で感心したのが、先端がネジ式で交換できるようになっているシマノPROのレンチ。
シマノの完組ホイールはもちろん、DTと国産にも対応できるので、使い勝手が良さそうです(^_^)
ただ、先端のパーツを無くさないかちょっと心配(笑)。
d0264476_19535591.jpg

# by SG_Meccanico | 2012-07-07 19:56 | ツールボックス | Comments(0)

同じ14㎜だけど

カンパのパワートルク用に14㎜のアーレンキーを購入したのですが、何故かはまりません(^^;)
他に3/8と1/2用のソケットの14㎜もあるのですが、こちらはきつくもなく、緩くもなく、ちょうど良い具合にはまります。
ちなみに、アーレンキーはK都の有名工具メーカー、ソケットは個人的に気に入っている国産のソケット専門メーカーです。
d0264476_20172013.jpg

使う時にいちいちソケットを付け替えるのが面倒だったので購入したんですが、仕方ないので今まで通りソケットレンチを使うことにします(-_-#)

# by SG_Meccanico | 2012-07-05 20:34 | ツールボックス | Comments(0)

タイヤが切れた時に

普段の練習やツーリング中に、タイヤがスパッと裂けて困ったことってありませんか?
そんな時に、自宅やゴール地点に辿り着くまでの応急補修用品として、パークツールがタイヤブートというのを出しています。
http://www.hozan.co.jp/parktool/catalog/TB2C.html
d0264476_20362396.jpg

使い方は簡単で、タイヤが裂けた部分の内側に貼るだけで、簡易のパンク防止ベルトとしての役割を果たしてくれます。
タイヤ切れは意外と多いトラブルなので、これを1枚、予備チューブやシール式の簡易パッチと一緒に携帯されてはいかがでしょうか?

タイヤが裂けた時にタイヤブートのような補修用品を持っていない場合は、タイヤが裂けた部分のチューブに千円札などのお札を巻くという裏ワザがあります。
ただ、巻き加減を緩くしないと、空気を入れた時にお札がバラバラになってしまうので(笑)、注意してください。

タイヤブートのお買い求めは、お近くの自転車屋さんか、いつも出入りされているショップでどうぞ!(笑)

# by SG_Meccanico | 2012-07-04 20:55 | お勧め&便利グッズ | Comments(2)

レース前の整備依頼

今月中旬にレースがあるので、その前に気になるところを整備してほしいと、1台お預かりしました。
気になると言われた箇所は、ホイール・ブレーキ・フロント変速の3箇所。
ホイールは、センターがずれていたので、タイヤを外してセンター出しと振れ取り。
d0264476_20591483.jpg

フロントは、それほど狂いがありませんでしたが、リアは、かなりセンターがずれていたのと、ハブにガタがあったので、ベアリングの玉当り調整をしました。
カンパとフルクラムのハブは、2.5㎜と5㎜のアーレンキーだけで玉当り調整ができるので、作業が楽で助かります(^O^)
d0264476_2131326.jpg

ブレーキは、効きが悪いとのことで見てみると、前後ともブレーキセンターがずれていたのと、ブレーキシューのトーインが全くついていませんでした。
ブレーキシューのトーインは、フロントを少しきつめ、リアは浅めにつけるようにしています。
それと、ブレーキを引く時に引っ掛かりを感じてワイヤーをチェックすると、全くグリスが付いていなかったので、インナーワイヤーのグリスアップをしました。
d0264476_217086.jpg

フロント変速の不調は、ワイヤーの張り具合が合っていなかったので、張り直しと少しだけアジャストボルトを調整して問題解決。
あとは、他に問題がある箇所がないか全体をチェックして整備完了!
これで、ストレスなくレースに集中してもらえるはずです(^O^)

# by SG_Meccanico | 2012-07-03 21:15 | メンテナンス | Comments(0)