ちょっとしたひと手間で作業を楽に

タイヤ交換やパンク修理でタイヤを外す際、空気を抜いた後にぜひやって欲しいひと手間があります。
WOタイヤ(チューブレスも含む)は、タイヤのビードがリムのウォールに引っ掛かることでタイヤを保持する構造です。タイヤは空気圧で常に押し付けられており、空気を完全に抜いてもリムのウォールにタイヤのビードが引っ掛かったままになることがあるため、空気を抜いたらタイヤサイドを手で押してウォールからビードを落としてあげましょう。

d0264476_09371061.jpg

ちょっとしたひと手間ですが、これをやるだけでタイヤレバーを挿し込み易くなり、タイヤレバーを反してタイヤを外すのも楽になります。チューブレスタイヤは、ウォールとビードがより密着するようになっているので、このひと手間をやらないとタイヤレバーを挿し込むことすら難しくなってしまいます。
作業を楽にするためのひと手間を面倒臭がらずにやりましょう(^_^)

by SG_Meccanico | 2017-10-14 06:30 | メンテナンス | Comments(0)

ミシュラン・パワーコンペティション 3000㎞使用

ミシュランのパワーコンペティションを3000㎞程使用しました。使い始めてからの好印象(http://meccanico.exblog.jp/24098722/)は、全く変わらないままです(^_^)
後輪の減り具合は、摩耗具合を示すインジケータがまだ確認できる程度は残っていますが、タイヤの接地面がだいぶ台形になってきたので交換することにしました。

d0264476_15492170.jpg

2000㎞程使用するまでは、グリップ等のフィーリングに変化はありませんでしたが、2000㎞を超えた辺りから若干後輪のグリップが落ちたかな?と感じるようになりました。下りの高速コーナーで、それまでと同じ感覚で曲がろうとすると、後輪が外に流れるような感覚がありました。ただ、自分が下りを楽しみたいタイプということもあり、普通に下る分には全く問題なく、GP4000SⅡよりも安定して下ることができます。下りを思いっ切り楽しむなら、2000㎞前後までという印象です。

d0264476_15492157.jpg

3箇所程、石跳ねでできたと思われる少し深い傷がありましたが、どれも耐パンクベルトの手前で止まっており、パンクは1回もありませんでした。プロレースなどの今までのミシュランのタイヤもそうしたが、パワーコンペティションも使用されているコンパウンドが軟らかめという印象があったので、傷が付き易いかもと気になっていましたが、他のタイヤとそう大差ない印象です。

パワーコンペティションという名前の通りコンペティション(レース)用モデルということで、3000㎞でのタイヤ交換は想定の範囲内で、タイヤ寿命としては十分だと思います。長持ち重視の人のためには、パワーエンデュランスがあります。バランス良く最高のパフォーマンスを発揮するのがパワーコンペティション、高パフォーマンスで長持ちするのがパワーエンデュランス、ウェット路面での使用を考慮したグリップ最重視なのがパワーオールシーズンという住み分けがなされているので、各々の要求や好みに合わせて選択できるのがミシュラン・パワーシリーズです。

by SG_Meccanico | 2017-10-03 17:00 | 製品インプレ | Comments(0)