タイドグラフのようなコンディショニング

自分流の考え方やり方なので、「ふ~ん」という程度に読んでください(笑)。
調子をタイドグラフ(潮汐表)のように上下させるのが理想的なコンディショニングだと思っています。年間を通してはもちろん、1週間の中でも同じような調子の波を作るように心掛けています。いつも調子が良いままというのはどこかで破綻するので、上げたら落とすということを意図的にやります。あとは、より高いところまで調子を上げるためには、助走が必要だと考えているのもあります。
d0264476_19311123.jpg

レースやチーム練習などがあるのは大抵土日なので、1週間全体でのピークをそこに合わせるようにしています。練習の強度も調子の波に合わせて、土日はレースやチーム練習で一番高く、月・火はリカバリーもしくは休足日、水・木にインターバルなどの強度が高いトレーニング、木・金は基本練習といったように練習メニューを組んでいます。水曜日辺り週の真ん中に小さなピークを作るのがキモで、ここを低いままでいくと、週末にコンディションが上がり難いように感じます。

1週間の中では上のタイドグラフのような2つの波を、年間を通してはレースのスケジュールを見ながら、いくつかの波を作るようにコンディショニングしています。ただ、実際には思惑通りに練習できなかったりもするので(^^;)、できる範囲でやるというぐらいの心持ちでやっています。

by SG_Meccanico | 2015-11-28 06:30 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

乗れば乗るほど良さが分かるフレームの“しなり”

気付けば5年半も乗り続けているグラファイトデザインのMETEOR SPEEDですが、乗れば乗るほどメーカーコンセプトである“しなり”を活かしたフレームの良さを感じています。高強度の練習や長距離ライドで疲れ切ってもう走れない(>_<)となっても、少し休憩したらまた普通に走れるようになるのは、フレームの“しなり”がライダーを助けてくれているおかげでしょう。
“しなり”についてよく「軟らかいの?」と聞かれますが、軟らかいや硬いとは違い、ライダーの力に合わせて必要な分だけフレームがアジャストしてくれるのが“しなり”です。
d0264476_14113549.jpg

そんなわけで超お気に入りなMETEOR SPEEDにこれからも乗っていきますが、“しなり”をさらに進化させたMETEORを次のバイクに!と思う気持ちも同時に強くなっています(^_^) METEORとMETEOR SPEEDの2台持ちとか贅沢だなぁと妄想してしまいます(笑)。

by SG_Meccanico | 2015-11-24 14:30 | 製品インプレ | Comments(0)

側溝発掘は効果抜群!

今回のお掃除会も土に埋もれた側溝の掘り出し作業を行いました。酷い場所は、斜面の一部と化してしまっています(^^;)
d0264476_2133019.jpg

今回の清掃区間に行く時に、春のお掃除会(http://meccanico.exblog.jp/21672953/)で土に埋もれた側溝を掘り出した区間を見ると、他の場所よりも道路の落ち葉が少なく、水捌け以外の効果も確認できました。思っていた以上に側溝が持つ役割は大きいようです。
d0264476_2145820.jpg

埋もれていない側溝の蓋も穴詰まりしていたので、シャベルで土を除去しました。偶然、穴とシャベルのサイズがピッタリでした(笑)。
d0264476_2214292.jpg

慣れない作業な上に、木の根が張っていたりと大変ですが、目に見えて効果があるので、とてもやりがいがあります(^_^)

by SG_Meccanico | 2015-11-21 06:30 | 道路を綺麗にしよう! | Comments(0)

第3回 板屋峠お掃除会

先日3回目となる板屋峠のお掃除会を行いました。天気が心配されましたが、掃除をしている間は殆ど雨粒が落ちることなく、終わるのを待ってくれたかのように昼過ぎからまた降り出しました(^_^)
d0264476_16233724.jpg

参加者10人で、道路の落ち葉掃き、道路端のゴミ拾い、側溝を覆う土の除去を手分けしてやりました。数百mと短い区間ではありますが、約2時間掛けて綺麗にしました。
d0264476_16312747.jpg

※早良区役所と回収場所の打ち合わせをしてごみを置いています。
昨年の秋のお掃除会よりも落ち葉が多く、数えると過去最高の35袋もありました。
毎回掃除が終わると、峠を上り切った時とはまた違う清々しさがあります♪ 皆さんも、いつも楽しませてもらっているフィールドに掃除というかたちで恩返ししてみませんか?(^_^)

by SG_Meccanico | 2015-11-17 16:45 | 道路を綺麗にしよう! | Comments(0)

シーズン終盤の河川シーバスゲーム

そろそろ河川シーバスはシーズンが終わりに近付いていますが、産卵を控えた良いコンディションのシーバスがまだ釣れています。福岡市内のどの河川も好調なようで、自分がホームフィールドとする川でも70㎝クラスが釣れました(^_^)
d0264476_16251131.jpg

この時期になるとこの魚がシーズンのラストかな?と思うのですが、良いサイズで締め括ることができれば気持ち良くシーズンを終われますね♪

by SG_Meccanico | 2015-11-14 16:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

HSR九州サイクルロード6時間耐久

2015年シーズンの締め括りとしてHSR九州サイクルロード6時間耐久にチームで参加してきました。
ロードでのチーム戦は初めてで、チームメイトの頑張りをふいにしてはいけないと良いプレッシャーがあり、いつもなら気持ちが切れるような場面でも、最後まで集中を切らさずに走り切ることができました。結果はチームでワンツー(自分のチームは2位)と良い形でシーズンを締め括ることができて大満足でした(^_^)
d0264476_21542694.jpg

これで自分の2015年シーズンが終わり、冬の間は来シーズンに向けてLSDを兼ねたグルメライドを楽しむつもりです♪

by SG_Meccanico | 2015-11-10 22:00 | サイクルイベント | Comments(0)

CULTは諸刃の剣

圧倒的な回転の軽さを誇るカンパニョーロ(フルクラム)のCULTですが、グリスレスゆえにベアリングのガタが出た時に緩衝剤となるものが無く、虫食いが起きやすい弱点があります。CULT専用の熱処理された硬質ステンレスの玉受けと玉押しが採用されていますが、硬いセラミックの打撃には敵わないようです。それに対して、USBはグリスインタイプのセラミックベアリングなので、多少ガタが出てもグリスが緩衝剤となって、ある程度虫食いを防いでくれます。
セラミックに関わらずベアリングにガタがないかのチェックは必要ですが、CULTは特に神経質なチェックが必要です。ちょっとでもガタがあったら、すぐに調整してください。

また、グリスレスとはいえ最低限の潤滑油が必要なので、定期的なメンテナンスも必須です。決戦用として使用しているなら年に1回、普段使いしているなら最低でも半年ごと、理想をいうと3ヶ月ごとにオーバーホールしましょう。

カンパニョーロ(フルクラム)のセラミック化を相談された時、マメなチェックとメンテナンスができるならCULT、そうではないならUSBを勧めています。個人的な意見をいうと、USBでセラミックベアリングの恩恵を十分受けられます。

by SG_Meccanico | 2015-11-03 06:30 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)