カンパニョーロ・リアディレイラーのスライド機構

カンパ10速と11速初期のリアディレイラーには、ガイドプーリーのスライド機構がなく、代わりにディレイラー本体にスライド機構が付いていました。これがスライドというより、リアディレイラー本体のガタだと思われるような程度なのですが、ここに汚れが溜まったりして動きが悪くなると、変速がスパッと決まってくれないことがあります。そういう時は、赤丸の部分にシュッとオイル注してあげてください。
d0264476_6531257.jpg

カンパ9速のリアディレイラーにはガイドプーリーのスライド機構があるのですが、ディレイラー本体のスライド機構も採用されています。
現在はシマノの特許が切れたのか、もしくはパテント料を払っているのか、カンパもスライド機構があるガイドプーリーを採用しています。

by SG_Meccanico | 2015-10-31 07:00 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

大きな役割を担っているスライドするガイドプーリー

シマノや現行カンパニョーロのガイドプーリーを触ると、僅かに左右にスライドすると思います。実はこのスライド機構がスムーズな変速と各ギヤごとの適正なチェーン位置を保つ秘訣で、サードパーティーの左右にスライドしないガイドプーリーにすると変速性能が落ちてしまいます。サードパーティーのアルミ製プーリーはカッコ良いですが、変速性能を低下させるので、自分としてはお勧めしません。
d0264476_14285267.jpg

一時期のカンパニョーロのリアディレイラーは、別の箇所にスライド機構を持たせて、スライド式のガイドプーリーを採用していなかったのですが、これについてはまた今度紹介します。

by SG_Meccanico | 2015-10-24 14:35 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

走った後に愛車をサッとひと拭き

外を自転車で走り回って帰ってきた時に、バイクを拭く人はどれぐらいいるでしょうか? 「疲れてるし、面倒臭いなぁ」と思うこともあるでしょうが、ウエスなどでバイク全体をサッと拭いてあげると、頻繁に洗車しなくてもバイクを綺麗に保つことができます。汚れを放っておくと、汚れが取れ難くなったり、シミになってしまうこともあります。
バイクをサッと拭くのはたった1~2分で終わるので、癖を付けてしまえば、面倒臭がりな自分でも習慣化できています。簡単なバイクの点検にもなるので、異常をいち早く見つけることにも繋がりますよ(^_^)
でも、雨に降られてしまった時は、アチコチに砂や塵が付着してしまうので、面倒臭くても諦めて洗車しましょう(^^;)

by SG_Meccanico | 2015-10-20 15:35 | メンテナンス | Comments(0)

トッププロの本気を観られるジャパンカップ

今日・明日は宇都宮でジャパンカップが行われますね。日本で唯一トッププロの本気の走りを観られるレースなので、ぜひまた観に行きたい!と思うレースです。日曜日の本戦は、終盤になるとどの選手も歯を食いしばりながら古賀志林道上るような熱い戦いを観られますし、土曜日のクリテリウムも、ショーレースのさいたまクリテとは違い、宇都宮駅前の大通りで激しい競り合いが繰り広げられて迫力満点です(^_^)
d0264476_15173848.jpg

意外と選手との距離が近いレースなので、レース会場でも選手と触れ合うことができ、運が良ければ宇都宮の街中でも選手に出会う機会があります。選手はオフでも一応チームのウェアを着ていますが、ジャージ姿でないと有名選手でも気付かないことがあるので、ジャパンカップ期間中に宇都宮の街中を歩く時は注意深く周りを見てください(笑)。

by SG_Meccanico | 2015-10-17 06:30 | 自転車の色んな楽しみ方 | Comments(0)

結局4アームクランクのピンは緩み易い

何度か4アームクランクのピンが緩み易いという記事を書きましたが、ねじロック243を塗布してこれで解決かと思ったら、先日聞きなれた異音がして、ピンの締まり具合を確認すると、4本とも緩んでいました。一番緩んでいたピンは1/2回転以上緩んでおり、やはり5アームクランクのピンよりも緩み易いようです。緩み止め剤を使用しても、半年ごとに点検・締め直しが必要という結論に至りました。
d0264476_9483930.jpg

4アームクランクのピンの緩み対策は、
・ちょくちょくギヤを外して掃除する人 → 緩み止め剤を使用せず1ヶ月ごとに点検・締め直し
・オーバーホールぐらいしかギヤを外さない人 → ねじロック243(脱出トルク5N・mの中強度タイプ)程度の緩み止め剤を塗布してピンを締め、半年ごとに点検・締め直し
をやるようにしてください。
緩み止め剤をねじロック243(脱出トルク5N・mの中強度タイプ)より強力なタイプにすると、緩めようとした時にピンが破損する可能性があるのでお勧めしません。

by SG_Meccanico | 2015-10-13 11:30 | メンテナンス | Comments(0)

異音の原因を大捜索!

異音の原因を見つけるのは、簡単なようで大変な作業です。どんな状況でどんな音がするかを聞いて、大凡の目星を付けるのですが、それが原因でない場合は、地道に一つずつ探っていくことになります。カーボンフレームは音が響き易く、ハンドル辺りから異音が聞こえる気がするのに、実はリアから鳴っていたりすることもあります。
今回の大捜索の末、見つけ出した異音の原因は、フリーボディの緩みでした。スプロケットのロックリングが緩んで異音がすることは意外と多いのですが、緩み難いように逆ネジのナットを使用しているフリーボディが緩んでいたのは盲点でした。
d0264476_15405049.jpg

小さい音でも異音は故障の前兆なので、何か聞きなれない音がするなと思ったら、早めに点検・整備をしてもらいましょう。放っておくと、痛い出費が掛かる大きな故障に繋がることがあります。

by SG_Meccanico | 2015-10-10 15:55 | トラブルシューティング | Comments(0)

ウェア選びに迷う季節にはジオラインTシャツ

朝は肌寒いけど、昼間は暖かくてウェア選びに悩む季節ですね。そんな季節に重宝するのがモンベルのジオラインTシャツです。朝の肌寒い時は胴を保温してくれて、暖かい昼間はしっかり汗を吸い出してくれます。
d0264476_1531789.jpg

25℃ぐらいまでなら暑苦しく感じることがないので、迷った時はインナーにジオラインTシャツを着ておけば、ウェアの選択を間違えた!ということは減ると思います(^_^)

by SG_Meccanico | 2015-10-03 15:10 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)