ジャージの色焼けから見る陽の当たり方

梅雨が明けて夏本番になり暑さが増してきて、ロードバイクに乗っていると、首筋から背中にかけてジリジリと強い陽射しを浴びているのを感じると思います。その証拠に長年着たジャージを見ると、背中側が色焼けしてしまっています。お腹側は陽射しを浴びることがないので、色焼けせずに元の色のままです。
d0264476_11471291.jpg

写真だと色の濃さが少し違うだけに見えますが、実際は背中側の色が鮮やかなスカイブルーではなく、若干紫がかった色になってしまっています。このように、前傾姿勢をとるロードバイクは、背中側が陽射しを浴びるので、首筋から背中にかけての日焼け対策や冷却を考えると、暑~い夏を少しでも快適に走ることができます。

by SG_Meccanico | 2015-07-28 11:55 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

スペアタイヤにラテックスはNG!

ラテックス(生ゴム)のインナーチューブが使われているチューブラータイヤをスペアに携行している人をたまに見かけますが、スペアタイヤには必ずブチルのインナーチューブを使ったタイヤにしてください。ラテックスは折り曲げや気温の変化に弱く、スペアタイヤのように小さく折り畳まれた状態だと、劣化しやくすくなります。いざパンクした時に交換したは良いものの、ラテックスチューブの劣化でスペアタイヤもパンクしてる(T_T)なんてことが起きてしまいます。
d0264476_521733.jpg

チューブラタイヤだけでなく、WOタイヤのスペアチューブも必ずブチルチューブにしてください。
あとラテックスチューブは半年~1年が使用限度(寿命)だと思ってください。特に暑い夏は劣化しやすいので、時々チューブを出して劣化してないか確認することをお勧めします。チューブラータイヤの方が、ラテックスの寿命が長くなりますが、空気が抜けて潰れた状態で長く放置するとチューブ同士がくっ付いてしまうことがあるので、注意してください。

by SG_Meccanico | 2015-07-25 06:30 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

阿蘇のおすすめスポット

先日久しぶりに阿蘇を走りましたが、何度来ても良い場所ですね(^_^)
今回は南阿蘇を起点として走ったので、ツール・ド・フランスに出てきそうな雰囲気の俵山から堪能しました。外輪山の内側・外側どちらから上ってもロケーションが良く、個人的に阿蘇で一番好きな峠道です♪
d0264476_203356.jpg

阿蘇山上の草千里も阿蘇に来たら外せないスポットですね。展望台から観る阿蘇カルデラ、草千里と中岳火口は何回観ても飽きません。
d0264476_20385382.jpg

阿蘇らしい雄大な眺めの他には、あちこちから湧き出ている水源を巡って涼を得るのもおすすめです(^_^)
d0264476_20411870.jpg

by SG_Meccanico | 2015-07-21 20:45 | 自転車の色んな楽しみ方 | Comments(0)

阿蘇に来ています♪

久しぶりの阿蘇サイクリング、天気が良く、雄大な眺めが最高です(^_^)
d0264476_10250655.jpg


by SG_Meccanico | 2015-07-18 10:22 | 自転車の色んな楽しみ方 | Comments(0)

ドレスアップシートでフレームを保護

フレームとアウターワイヤーが当たる部分に擦れ傷防止のシールやアウタープロテクターを付けている方が多いと思います。でも、アウタープロテクターは少しずつずれたり、シールは接着が弱くなってフレームに糊がべったり付いてしまいますよね。何か良い対策はないかと、接着力が落ち難い耐候性のある車の外装用ドレスアップシートをフレームに貼ってみました。
d0264476_1941287.jpg

耐候性のあるドレスアップシートはそこそこ良い値段がするのですが、擦れ防止に使うのはほんの僅かなので、シート1枚で40~50台分はありそうです。個人で購入するには値段が高くて量が多いですが、仕事で何台も自転車を組んで使う分には、通常フレームの保護用として売られているシールと費用はほぼ同じです(^_^) アウターワイヤーが当たる部分以外には、チェーンステーにも使えます。

by SG_Meccanico | 2015-07-14 19:55 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

サドルバッグの中もチャック付整理パックでパッキング

以前、予備チューブはビール袋などで包んでサドルバッグの中に入れましょうと書きましたが(予備チューブは包んで大切に)、より擦れに強い厚手のチャック付整理パックに入れるようにしました。
d0264476_2142476.jpg

予備チューブ以外にも、携帯工具とパッチ・タイヤブートもそれぞれチャック付の整理パックに入れています。それぞれ別けて整理パックに入れるのが肝で、擦れによるチューブやパッチ・タイヤブートの消耗を防ぎます。
携帯ツールも整理パックに入れるのは、雨の中を走った後に金属類が錆びるのを防ぐためです。雨に降られた後に自転車の掃除・乾燥はしても、サドルバッグの中身を出して乾燥させる人は少ないと思います。何かの時に、サドルバッグの中の携帯工具を見たら錆びだらけだった(ーー゛)ということがありませんか? 防水のサドルバッグなら中は濡れ難いですが、少しでもジップが開いてるとそこから浸水して、同じことが起こり得ます。簡易パッチやタイヤブートの糊も濡れると接着力が弱くなってしまうので、注意しましょう。


ちなみに、チューブなどを包むチャック付整理パックは、B7サイズがちょうど良いです(^_^)

by SG_Meccanico | 2015-07-11 21:20 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

パヴェ用のバイク

今日のツール・ド・フランス第4ステージは、パヴェを通過するので、注目度が高いステージだと思います。レース展開はもちろん、自転車を扱う身からすると、パヴェ用のスペシャルバイクに興味津々です。通常のステージでも機材に目がいくのですが、パヴェがあるような特別なステージでは、カメラに「そのバイクをもっとアップで映して!」と言いたくなってしまいます(笑)。

by SG_Meccanico | 2015-07-07 22:01 | 自転車の色んな楽しみ方 | Comments(0)

梅雨はトップでバス!

雨の中を自転車に乗るのはあまり好きではないので、雨模様が多い梅雨は釣りに行く機会が多い気がします(笑)。そんな雨の日に楽しいのが、トップウォーターでのバス。ルアーを食う瞬間が見えて、ルアーをアクションさせてる時もワクワクしますね(^_^)
d0264476_726682.jpg

そんなこんなで今日も雨模様なので、バスフィッシングに行こうと思っています♪

by SG_Meccanico | 2015-07-04 07:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)