人の感覚は正確なようでいい加減で、いい加減なようで正確

ERGON TP-1で前に使っていたシューズと今使っているシューズのクリートポジションを比べたら、思っていた以上に違い驚きました。今使っているシューズで違和感があったので、リセットするために前に使っていたシューズのクリートポジションに合わせることにしました。
d0264476_15514242.jpg

ちょっと見難いですが、青いマジックで書いてあるのが、違和感があった状態のクリートポジションです。前と同じような位置にしていたつもりですが、こんなに違うとは思いませんでした。この人の感覚のいい加減さに、ポジションの可視化は重要だなと改めて感じました。でも、違和感を感じていたのは、人の感覚の正確さも表しているような気もしますね。

by SG_Meccanico | 2014-11-29 06:30 | My Bike | Comments(0)

お掃除は車が少ない道路で

自転車乗りが好んでよく走る場所は、車が少ない道路であることが多いと思います。そういう道路は、あまり手入れをされていないことが多いのではないでしょうか? 峠道や少し奥まったローカルな道、そんな道路が清掃ボランティアをするのに適した場所といえます。交通量が多い道路は、定期的に清掃などをされていますしね。
d0264476_16383224.jpg

清掃ボランティアをする上で“通行の妨げにならないこと”は、大事なことの一つです。交通量が多い道路での清掃ボランティアは、通行の妨げになるだけでなく、事故の原因にもなりかねません。ごみを集める場所について役所と相談する時も、そこが通行の妨げにならないかというのは、とても重要なキーワードとなっていました。ボランティアというのは、人に迷惑を掛けてやるものではないことを考慮して計画・実行しましょう。清掃ボランティアをやる上で道路使用許可がいらないといっても、通行の妨げになるような場合は、警察や役所から注意・指導されます。

交通量が少ない道路でも、そこが道路である以上当然車は通るので、通行の邪魔にならないよう心掛けましょう。今回清掃した板屋峠も交通量は少ないですが、たまに車が通る時は、皆で声掛けし合い通行車両を優先して通すように徹底しました。この声掛けは、通常の土曜板屋でも徹底していることです。

“人に迷惑を掛けない周りへの気遣い”これを再認識して常に心掛けることも、清掃ボランティアをやる目的の一つです。

by SG_Meccanico | 2014-11-25 17:15 | 道路を綺麗にしよう! | Comments(0)

必要な手続きは一つだけ

道路清掃をするにあたって必要な手続きは、ごみの回収を依頼するだけです。道交法において道路の清掃は「軽易な道路の維持」にあたり、道路管理者の承認(道路使用許可)を得る必要がありません。これについて、こちらで分かり易く説明されています。http://www.hido.or.jp/14gyousei_backnumber/library_data/hourei_data/0205houreiQ&A.pdf

ごみの回収依頼は、清掃場所が属する市町村(東京23区と政令指定都市は区)の『生活環境課』にします。今回の板屋峠は、福岡市早良区に属するので、早良区役所の生活環境課にお願いしました。
回収依頼をする時に、清掃する範囲やごみを集める場所などについても担当の方と打ち合わせします。道路使用許可がいらないからと勝手に掃除をしては、逆に迷惑をかけてしまうことになるので、役所との意志疎通はしっかり図りましょう。早良区役所では1週間ほど前までに依頼してもらえれば、対応できるとのことでしたが、一応早めに相談しておくと打ち合わせがスムーズに進みと思います。今回は初めてということもあり、1ヶ月前に電話で相談し、その後2週間前になってから区役所へ行って詳しい打ち合わせをしました。

次は、清掃場所・範囲についてのアレコレを紹介します。

by SG_Meccanico | 2014-11-22 06:30 | 道路を綺麗にしよう! | Comments(0)

板屋峠お掃除会

毎週土曜日に板屋峠で『土曜板屋』という練習会をしているのですが、そのメンバーでいつも楽しませてくれる道路の掃除をしました。この清掃ボランティアは、大牟田の『水曜会』が道路の掃除をしたという記事を目にして、こういうことは積極的に真似して広めなければ!と思ったので、自ら率先して実践したものです。
d0264476_23333328.jpg

貴重な休日の時間を割いて16人も集まってくれて、第1~5カーブの約1㎞の区間を掃除しました。落ち葉が多い季節なのでごみが多く、2時間ほど掃除して予想以上の28袋になりました。
d0264476_23392349.jpg

一部区間ではありますが、いつも楽しませてくれる道路が綺麗になり、とても気持ち良かったです(^_^) ぜひ、この自転車乗りによる道路の清掃ボランティアをもっと広げていきたいので、「道路を綺麗にしよう!」というカテゴリを作り、清掃するために必要な手続きや実際にやって感じたことなどを紹介していこうと思います。簡単な手続きでできるので、ぜひ皆さんもやってみてください。清掃ボランティアをやることで、意識向上やマナーアップにも繋がるのではないかと思っています。

by SG_Meccanico | 2014-11-18 06:30 | 道路を綺麗にしよう! | Comments(0)

クリートポジションを記録できるERGON TP-1

新しいシューズに換えた時、前のシューズと同じようなクリートポジションにしようとしても、難しく苦労する方は多いと思います。そんな時に役に立つツールがあります。
d0264476_2018045.jpg

この“ERGON TP-1”を使えば、クリートの位置だけでなく、シューズの傾きも見ることができます。シューズの中心線と母子球の位置に印を付けてこの機器にセットすれば、新しいシューズに換えても大凡のクリートポジションを出せて、あとは微調整をするだけでよくなります。
d0264476_20232831.jpg

自分もクリートポジションにはかなり神経質になるので、これで新しいシューズに換えるのが億劫になることがなくなりそうです(^_^) SPD-SL、SPD、Keo、クランクブラザーズの対応品があります。

by SG_Meccanico | 2014-11-15 06:30 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

ガイドまでカーボン?! AGSガイド

また釣りの世界にもドップリ浸かるようになって釣り具の進化に驚きましたが、その一つがカーボンフレームを採用したAGSガイドです。自転車でもパーツのカーボン化が進んでいるように、釣り具でもカーボンが多用されるようになってるんだなぁと思いました。
d0264476_19544843.jpg

長年ガイドリングといえば、中級モデル以上ではSiCリングが大半を占める中(一部の上級モデルではゴールドサーメットもありましたね)、トルザイトなる新素材が出てきて、しばらくフレーム形状以外では大きな動きがなかったガイドも、次の時代に入ったんだなと感じています。

by SG_Meccanico | 2014-11-11 20:09 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

シーズンの締め括りツール・ド・沖縄

明日は国内最大の市民レース、ツール・ド・沖縄の開催日ですね。1年間の集大成ということもあり、レース後はシーズンが終わった~!という感じが強かったですね(^_^) しばらくご無沙汰していますが、しっかり練習してまた挑みたいレースの一つです。
d0264476_12423325.jpg

独特な路面で濡れるとツルツルになるので、明日は雨が降らないと良いですね。参加される方のご健闘を、今年も福岡から祈ります!

by SG_Meccanico | 2014-11-08 12:49 | サイクルイベント | Comments(0)

晩秋の紅葉狩り

朝方の冷え込みが厳しくなってきて、少しずつ冬が近づいて来ているのを感じます。そんな晩秋は、紅葉狩りしながらサイクリングしたいですね(^_^)
d0264476_2011329.jpg

平野部ではまだ早いですが、山間部ではだいぶ色付いてきているのではないでしょうか? 時間を見つけて、紅や黄色に色付いた木々を見ながら、のんびり走ろうと思っています♪

by SG_Meccanico | 2014-11-04 20:15 | 自転車の色んな楽しみ方 | Comments(0)

カーボンには必須なFIBER GRIP

締め付けに敏感なカーボンのフレームやパーツには、FIBER GRIPのような摩擦係数を上げるケミカルは欠かせません。
d0264476_11354313.jpg

カーボンフレームではシートピラーのズレ防止として、カーボンハンドルでは固定力UPのために必ず使用します。他には、ステムのコラムクランプ部にも使うことがあります。
d0264476_11401564.jpg

メーカーが指定する締め付けトルクが、これでは固定し切れないだろうということもありますが、このFIBER GRIPを使用すると、大体問題なく固定できます。稀にこれでも対応できないことがあるのですが、その時は命一杯頭を捻って対策を考えることになります(^^;)

by SG_Meccanico | 2014-11-01 11:49 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)