工具の加工

基本的にパーツそれぞれに専門の工具がありますが、より使い易くしたり、違う用途に使うために工具を加工することがあります。最近はシマノのペグスパナを加工しました。
d0264476_181546.jpg

シマノもカンパもギヤにネジを切っているタイプが主流になり、ピンを締める時にペグスパナを回り止めとして使う機会は少なくなりましたが、さらに使用頻度が低くなったクランクキャップの開け閉めに使う側の真ん中を削りました。で、これをどこに使うのかというと、ダイワのスピニングリール(カルディア以下)のドライブベアリングカバーです。全く違う用途ですが、ピッタリのサイズで脱落帽子もできて完璧です(笑)。
d0264476_1152064.jpg

こういう流用を思い付くのは、普段から色んな工具に触れているからこそなのかな?と思ってます。

by SG_Meccanico | 2014-08-30 06:30 | ツールボックス | Comments(0)

カーボンソリッドの可能性

メガトップ(カーボンソリッド)の穂先を使用したシーバスロッドが予想以上の出来だったので、つい上級グレードのロッドを買ってしまいました。より自分好みの調子が、上級モデルにしかなかったというのもありますけど、それ以外の物欲の方が勝っていたような気がしないでもありません(笑)。
d0264476_2156209.jpg

自転車では馴染みの薄いカーボンソリッドですが、名前の通り無垢のカーボンチューブで、しなやかで追従性が良いのが特徴です。チューブラー(中空)のカーボンチューブと比べると感度は劣るのですが、それを補って余りある食い込みの良さが魅力です。昔は脆く折れやすいという弱点がありましたが、技術の進歩で現在は強度も申し分ないカーボンソリッドを使用したロッドが各メーカーから出ています。メガトップというのは、ダイワが2009年に市場に投入したカーボンソリッドの名称です。
d0264476_2234254.jpg

このしなやかさが売りのカーボンソリッドですが、自転車でも乗り心地の向上に使えないのかな?と思ったりしてます。どの箇所に良さそうだと思っているかというと、シートステー上部です。リアエンドに繋がるシートステー下部は強度を必要とするのでチューブラー構造で、シートステー上部の1/3~1/2をカーボンソリッドにして振動吸収性を高めるという構想です。エンデューロ向けのロードバイクなどに良さそうだと思うのですが、各バイクメーカー開発陣の方々いかがでしょうか?(笑)

ちなみに、このカーボンソリッド、フレームのチューブではありませんが、ブリヂストンのベルトドライブに使われています。
http://www.beltdrive.jp/

by SG_Meccanico | 2014-08-26 22:20 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

日頃の水分摂取していますか?

自転車に乗る時だけに関わらず、日頃の生活でこまめな水分摂取をしていますか? 一般的に成人男性の1日に必要な飲料での水分摂取量は約1.5L(食べ物等を含めて約2.5L)といわれていますが、自分の場合は暑がりで汗かきなだけでなく、作業でも結構な汗をかくので、この時期は大体飲料だけで3Lぐらい飲んでいます。自転車に乗ったりして運動すれば、当然さらにプラスされます。
d0264476_020401.jpg

これだけの水分を摂るには、こまめに飲むことや、キンキンに冷えた物ではなく常温で飲む、胃腸に負担が掛からない飲料(水・麦茶・茶葉を発酵させた烏龍茶や紅茶)を飲むように心掛けています。いくら日頃からこれだけの水分を摂っていても、冷たい飲料を500mlずつ飲むようなことをすると、お腹のご機嫌が斜めになってしまいます(^^;) 朝起きてから家を出るまでに500mlを飲むのも1日を体調良く過ごすコツです。もちろん一度に飲むのではなく、朝食のコーヒーや紅茶+前後に水を飲むなど、数回に分けましょう。

日頃からきちんと水分摂取していると、体調が安定するだけでなく、運動時に筋肉を攣り難くする効果もあります。ちょっとしたことで筋肉を攣ってしまう人は、日頃の水分摂取が疎かになっていないか意識してみると改善できるかもしれません。
今まで水分摂取量が少なかったからといって、一気に1日の水分摂取量を増やすと、余程胃腸が強くない限りお腹を壊すので(^^;)、少しずつ増やして、とりあえず1.5L/1日を目標にしてください。あと、これにアルコール飲料は含めないでください(笑)。

by SG_Meccanico | 2014-08-23 06:30 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

夏の雨の日に気をつけること

梅雨かと思うような連日の雨に、痺れを切らして雨の中でも走っている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 夏なら雨に濡れても寒くないし、強烈な陽射しを浴びることもなくて、滑って落車しないように気をつけさえすれば涼しく快適に走ることができます。
d0264476_1210040.jpg

体感では涼しく感じる夏の雨の日ですが、雨に濡れて汗をかいているという自覚が薄くなって、つい水分補給を怠りがちになり、脱水症状に陥ることがあるので注意してください。雨の日は湿度が高いので、涼しくても汗をかきやすく、晴れの日同様こまめな水分補給が必要です。脱水症状になると数日ダメージが残るので、しっかりと意識して予防することが大切です。

by SG_Meccanico | 2014-08-16 12:20 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

お盆休み

早い方はすでにお盆休みを満喫していらっしゃるのでしょうか? 毎年お盆は輪行ツーリングに行っていましたが、今年は時間を見つけていつものコースを走るか釣りに行くかになりそうです。
d0264476_20414754.jpg

遠くに行くことはできませんが、せめて山に行って冷たい水が流れる川で水遊びをしたいなぁと思っています。
すでに満喫されている方も、これからの方も、楽しいお盆休みをお過ごし下さい(^_^)

by SG_Meccanico | 2014-08-12 06:30 | Comments(0)

Continental GP4000SⅡ インプレ

先月交換したGP4000SⅡをドライ・ウェットと一通り試したので簡単なインプレッションを。
ざっくり言うと前モデルのGP4000Sと変わりません(笑)。転がりの軽さ、ドライ・ウェット共に安心できるグリップの良さ、コーナーでの倒し込みで若干クイックなところも同じです。
d0264476_1051225.jpg

ただ、一つだけGP4000SⅡはタイヤが若干硬くなったように感じました。乗り心地が悪くなったとは思わなかったのですが、少し路面が荒れた所でフロントが少し跳ねる感じがしました。ハッキリとはわからず気持ちGP4000Sより跳ねるような…というぐらいの違いです。試しに少しだけ空気圧を下げてみたら、転がりの軽さは変わらず、僅かに感じたフロントの跳ねが無くなったので、GP4000SからGP4000SⅡに移行した際は、空気圧を0.1~0.2bar低くすると、今までと同じフィーリングになると思います。

参考までにGP4000Sのインプレ記事を。
GP4000S インプレ
GP4000S ウェット路面でのインプレ

by SG_Meccanico | 2014-08-09 11:01 | 製品インプレ | Comments(0)

青物シーズン到来!

連日の雨でそれほど暑くなくアイスクリーム体質の自分は助かっていますが、晴れれば猛暑日を記録するのかと思うと少し憂鬱です(^^;) そんな陸地より一足先に、海の中は少しずつ秋に向かい始めているようです。自転車でも釣りでも身近な糸島半島では、青物の釣果情報がチラホラ聞こえてくるようになりました。
d0264476_15334216.jpg

今釣れているのは、写真のようなサイズではなく、30㎝弱のヤズ(ブリの幼魚)とネリゴ(カンパチの幼魚)のようです。まだかわいいサイズですが、昨年はお盆過ぎぐらいから1kgのネリゴ(近場として上々!)も釣れていたので、これからに期待したいですね。
d0264476_15385674.jpg

シーズン本番に向けて、今の内に1日中ジャークできるように筋トレをしておかなければいけませんね(笑)。

by SG_Meccanico | 2014-08-05 15:45 | メカニコ鮮魚店 | Comments(2)

2-11 Newスタンダード? ハードマルチシングルコート

釣り用に新しいサングラスを拵えました。フレームはOakley“Straight Jacket ”で、レンズは自転車で気に入って使っているTALEX“イーズグリーン(ハードマルチシングルコート)”にしました。今年から新しくラインナップに加わったハードマルチシングルコートは、内側にハード・マルチコートを外側にハード・シングルコートを施して、従来の両面ともハード・マルチコートを施したレンズに比べて、レンズ外側が若干反射して、外から目を見え難くしてくれます。「外から目が見えるのは嫌だけど、ミラーコートはギラギラし過ぎてちょっと…」という方にお勧めなレンズコーティングです。
d0264476_11361525.jpg

実際に使った印象は、ミラーコートよりも視界が気持ち明るく(ミラーコートは可視光線透過率が3%下がる)、内側に反射防止のマルチコートが施されているため裏写りすることがなく快適です。今まで自転車用で使ってきたイーズグリーンはミラーコートをしていますが、可視光線透過率が40%と明るめのため、薄暗い時間帯は稀に少しだけ裏写りすることがありました。

今まで色んなカラーを使ってきましたが、TALEX“イーズグリーン”のハードマルチシングルコートは、自転車でも釣りでも一押しです!薄暗い冬の曇りの日でも、真夏のピーカンの日でも、日の出から日の入まで使えるとても優秀なカラーです。

by SG_Meccanico | 2014-08-02 11:50 | サングラス講座 | Comments(0)