舗装された脊振の自衛隊道路

脊振の板屋側から上る自衛隊道路が昨年末に舗装されたので、暖かくなったこともあり先日行ってきました。距離は5㎞弱とそう長くないのですが、終盤を除く4㎞強の平均勾配が約10%と、なかなか歯応えがあります。視界が開ける後半は、頑張ったご褒美に福岡市内を一望できる素晴らしい眺めが待っています(^_^)
d0264476_20203114.jpg

舗装は綺麗ですが、道が細く、カーブは急勾配で縦溝があり、石も所々落ちているので、下る時は十分注意してください。これで、脊振を含んだコースが作り易くなり、山を走る楽しみがさらに増えそうです♪

by SG_Meccanico | 2014-04-29 06:30 | 自転車の色んな楽しみ方 | Comments(0)

命を守ってくれるもの

とある釣具店の移転開店セールがあり、前から買うと決めていたものを購入しました。
d0264476_207438.jpg

万が一海に落ちた時のためのフローティングベストです。泳ぎが得意な方ではありませんが、これを着ていれば、とりあえず溺れることはありません。自転車でいえば、ヘルメットと同意義のアイテムですね。
ショア(陸)からの釣りがメインなので、収納力があるものを選び、ボトルホルダーやピニオンリール・ライトブラケットを付けて、自分の使い勝手が良い仕様にしました(^_^)

by SG_Meccanico | 2014-04-22 20:20 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

山に行く時はまだ用心を

気温もだいぶ安定してきて自転車にはとても良いシーズンになりましたが、まだ山の気温は不安定です。先週・今週と板屋峠(標高653m)に行きましたが、先週は下りでも汗冷えしないぐらいの陽気、今週は頂上で10℃しかなく停まって話していると体が冷えてしまいました。板屋峠の後に行った標高250mぐらい所はポカポカ陽気で暖かく、標高によってこんなに違うものかと思いました。
d0264476_15254815.jpg

ある程度以上の標高まで上る時は、まだベストやウィンドブレーカーなどの体の冷えを防ぐ装備が必要ですね。

by SG_Meccanico | 2014-04-19 15:30 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

1人でも人と競えるStrava

すでに利用している方も多いと思いますが、ランとバイクに特化したSNSのStravaに登録してみました。
d0264476_17262278.jpg

GPS付サイクルコンピュータを持っていないので、iPhoneのアプリをインストールしました。アプリを起動していれば、勝手にセグメントとして登録された区間のタイムを計測し、ランキングに登録してくれるので、一人で走る時も楽しみが増えそうです(^_^)
アプリは日本語版があるのに、PCサイトは英語なので、こちらでしかできない設定をしている時に、2回アカウントを削除し、四苦八苦してしまいました(笑)。

by SG_Meccanico | 2014-04-15 17:35 | 自転車の色んな楽しみ方 | Comments(0)

第4のポケット

着ていたベストやウィンドブレーカーを脱いだ時、小さく畳んで背中のポケットやツールボトルに入れるのは面倒臭いなぁと思うことはありませんか? そんな時は背中側のジャージの中に入れると楽に収納できます(^_^) 背中のポケットに物が詰まっていても入れられます。テレビなどでロードレースを観ていると、選手が着ていたベストなどをジャージの中に入れたり取り出したりしているシーンを目にすることがあると思います。
d0264476_10431815.jpg

お腹側でもいいですが、ペダリングする時に気になるので、背中側がお勧めです。ポケットの少し上まで押し込んであげると、ずり落ちてくることもなく殆ど気になりません。ベストなどの他にも、帰りにちょっと買い物した時にも使えます。タイヤぐらいまでの大きさなら収納可能です。ただ、汗で多少蒸れるので、そこは注意してください(笑)。

by SG_Meccanico | 2014-04-12 10:50 | 自転車のマメ知識 | Comments(0)

あると便利!ツールボトル

何かと使い勝手が良いツールボトルを活用している方は多いと思います。
d0264476_19593739.jpg

自分はこの時期ウィンドブレーカーやベストをツールボトルに入れて、バイクのボトルケージに付けっ放しにしています。この季節は気温差が大きくウェア選びに悩むことが多いと思いますが、ベストなどを携行していれば、薄着でまだ気温が低い山に行っても、防風して胴の冷えを防ぐことができます。ジャージのポケットに入れると嵩張って気になるので、ツールボトルに入れて自転車に持ってもらえばスッキリします(^_^)

色んなメーカーからツールボトルが出ていますが、自分の好きなデザインや用途に合ったサイズを選んで活用しましょう。ちなみに、自分はペダリング中に脚に当たらない短いタイプを好んで使っています。

by SG_Meccanico | 2014-04-08 06:30 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

気軽にできるエキサイティングなシーバスゲーム

暖かくなって桜が咲いたかと思えば、花冷えして肌寒い日があったりとまだ気温の上下がありますが、水の中では着実に季節が進行しています。3月末から都市河川のシーバス(スズキ)の釣果がアチコチから聞こえてくるようになりました。自分も近所の川で遊んでもらえました(^_^) 迫力あるエラ洗いでエキサイティングなやりとりができるのが、シーバスの魅力ですね。
d0264476_10571918.jpg

春のシーバスといえばバチ抜けパターンですが、ここはシラウオを追いかけているようで、半透明の小魚を大量に口の中に含んでいました。バチ抜けって何(・・?という方は、検索すると悍ましい画を見られると思います(笑)。

by SG_Meccanico | 2014-04-05 11:05 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

ヘッドのガタは錆のもと

普段からまめに手入れされている綺麗な自転車を「ハンドルの動きが悪い」と持って来たことがありました。ハンドルの動きをチェックすると、その綺麗な外観から想像できない程ヘッドパーツのベアリングが錆び付いてテーパーリングが固着していました。ヘッドにもかなりガタがあり、隙間ができてヘッドの内部に水や汗が入り易い状態で乗り続けたのが恐らく原因です。
d0264476_9424467.jpg

ヘッドパーツのベアリングは、正常な状態でも僅かに隙間があり完全に密閉されているわけではないですが(特にアヘッド)、玉押しやトップコーンにゴムのシーリングを施して、できるだけ水や汗が入り難いようになっています。これがヘッドにガタがある状態だと、元からある小さな隙間が大きくなり、水や汗・砂などの異物が入り易い状態になってしまい、ベアリングが錆び易くなってしまいます。セラミックベアリングでも、ベアリングの外側やテーパーリングが錆びてしまうので、通常のベアリング同様に注意が必要です。

こまめにヘッドにガタがないかチェックして、ガタがある場合はショップに持ち込んで調整してもらいましょう。玉押し調整やカーボンコラムの締め付けは繊細な締め付けを必要とする作業なので、自分で扱うのはあまりお勧めしません。

by SG_Meccanico | 2014-04-01 10:01 | メンテナンス | Comments(0)