適材適所

高弾性カーボンロッドは、ある場面では非常に効果的でしたが、別の場面では逆にデメリットもあり、各メーカーはすぐに軽量性・高感度に囚われ過ぎないロッド開発に切り替えました。
用途によって、低弾性~高弾性カーボンを使い分け、一時は過去の素材と化していたグラスファイバーも再び注目されるようになりました。
このグラスファイバーの復権は、クロモリロードの復権と似たような感じがしますね。

高弾性カーボンを使用するロッドでも、パワーや粘りが必要な部分には低・中弾性カーボンも合わせて使用され、必要に応じた組み合わせをして、素材の適材適所化がなされました。
これによって、重量は前モデルよりも若干重くなりましたが、使用感は良くなりました。
上記のような状況が、ちょうど一時釣りから離れる頃のロッド事情でした。

そこから自転車に夢中になり始めた頃に、カーボンロッドから1テンポ遅れてカーボンフレームの高弾性・軽量化がおきました。
そしてこの数年、ただガチガチに硬いだけの高剛性フレームから、トップグレードのレースモデルでも各部の応力に合わせた剛性設計によりしなやかさも持たせたり、振動吸収の良さを謳った物が主流になってきました。
太さとテーパーデザインしかいじれないロッドと違い、自転車フレームでは形状の変化もある程度付けられるので、これと併せて素材の適材適所化が行われているのが、現状のカーボンフレーム事情ではないでしょうか?

最近また釣りへの興味が湧いて、各メーカーのカタログを見ていると、以前よりもさらに細分化されたラインナップになっています。
ロードレーサーにおけるカーボンフレームは、巡航性を意識したエアロ形状のフレーム、山岳を意識した軽量かつ高剛性なフレーム、クラシックレースのような悪路を走破するために快適性を意識したフレームの3つに分類されていますが、これを現在のカーボンロッドでは、ここからさらに枝分かれさせて、細かく分類された用途に合わせた専用設計がされたモデルが展開されているのです。
そして、上級モデル=高弾性カーボンとは限らない(もちろん高弾性使用もあります)のが大きな特徴です。
自転車のフレームにおいても、今よりもさらに各用途の性能を突き詰めた物が出てくるのではないでしょうか?
ただ一つ、自転車フレームではまだ軽量化にも拘っているのが、ロッドと大きく違うところですね。
ということで、次回は軽量化についてのお話です。

by SG_Meccanico | 2012-07-31 15:15 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

整備完了!

お預かりしていたPanasonicの整備が完了しました!
保存状態が良かったおかげで、ワイヤーやタイヤなどの消耗品以外は目立った痛みもなく、作業もスムーズに進みました。
d0264476_14223397.jpg

こういう大事にされている自転車を扱うのは、とても気持ちが良いですね(^_^)
これで、また思う存分空の下を走ってくれることでしょう!

by SG_Meccanico | 2012-07-29 14:28 | メンテナンス | Comments(0)

バイオペース

お預かりしているPanasonicのフロント変速機を調整して、変速の具合を見ようとしたら、ギヤ板が擦れる音が。
上下の位置もちゃんと調整したはずなのにおかしいなぁと思いながらギヤ板を見ると、何か違和感を感じる。
んっ?と思ってよ~くを見ると、その昔シマノが出していた楕円ギヤ『バイオペース』でした。
d0264476_17342137.jpg

最近流行っている(?)楕円ギヤよりは真円に近いですが、回すとギヤ板のうねりがよくわかります。
ツールを制したウィギンスも使ってましたし、前から楕円ギヤには興味を持っているのですが、実際の使用感はどうなんでしょう?

そういえば、シマノのエントリーモデルに『バイオマスター』ってリールがありますね、上の内容とは全く関係ないですけど(笑)。

by SG_Meccanico | 2012-07-28 17:45 | メンテナンス | Comments(0)

旧車整備

6速時代の105で組まれたPanasonicのロードをお預かりました。
長い間乗られていないとのことでしたが、室内で保管されていたので、ホコリを被っている以外は大きな問題もなく良い状態が保たれています。
d0264476_14443094.jpg

駆動系の動きもスムーズですし、手が掛かることはなさそうです(^_^)

by SG_Meccanico | 2012-07-27 14:49 | メンテナンス | Comments(0)

高弾性カーボン

一旦釣りから離れるちょっと前に、軽量化とさらなる感度アップのために、高弾性カーボンを使用したロッドが各メーカーから発売されました。
50㌧クラスの高弾性カーボンを採用する理由は、素材に張りがあるため感度が良くなり、さらにブランクス(竿)の肉薄設計ができることによる軽量化が主な理由です。
軽量性と高感度から高評価されたのですが、その反面高弾性カーボンを使用したロッドは折れやすいとも言われていました。
超高弾性といわれる60㌧カーボンもテストされたりしましたが、トルク不足な上に折損しやすく取扱いが難しいという理由で採用を見送られました。
結局、軽量性・高感度と耐久性・トルクのバランスがギリギリ取れる50㌧クラスの高弾性カーボンに落ち着きました。
ただ、それでも取扱いが難しいというのが実情でした。
d0264476_14422340.jpg

これは、一世代前までの自転車カーボンフレームのハイモジュラス化+軽量化と重なるところですね。
これの弊害として、やたら硬い自転車になってしまっていたのですが、ロッドにも同じことが言えて、追従性が欲しい場面でも弾いてしまうようなことが起きてしまい、次第に場面に合わせた素材選びなどが行われるようになりました。
これについては、自分の中でまだ内容をまとめきれていないので(笑)、次回にしますm(_ _)m

by SG_Meccanico | 2012-07-25 14:44 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

同じカーボンだけど

カーボンを採用する理由として、重量を軽くするためというのは、自転車フレームもロッド(釣竿)も同じなのですが、一つだけ正反対のことがあります。
それは、振動の伝達です。
自転車フレームでは路面からの衝撃を吸収させるのが目的ですが、ロッドではライン(釣り糸)の先から伝わる振動をできるだけ正確に手元に伝えるのが目的です。
形状やカーボンシートの重ね方の違いだけで、同じ素材なのに正反対の効果を出せるのが、カーボンの凄いところであり、面白いところだなと思いませんか?(^_^)
d0264476_1724394.jpg

高弾性・低レジンになるほど張りが出てロッドの感度が良くなるなのですが、次回はその高弾性カーボンについての記事を書く予定です。
ちなみに、そんなに深い知識があるわけではないので、深くは突っ込まずふ~んと軽く流す程度に読んでください(笑)。

by SG_Meccanico | 2012-07-23 17:10 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

釣りに夢中だった頃

最近、また釣りに行きたいぁと思うようになり、しまっていたロッドやリールを引っ張り出してみました(^_^)
d0264476_19581984.jpg

自転車を始める前は、釣竿を担いで色んな所へ行き、一日中水辺で過ごしていました。
移動手段は、殆どがママチャリでしたが、遠出した時は片道30㎞ぐらいの所まで行っていました。
ロードならそのぐらいの距離は余裕ですが、重量も走りも重いママチャリでよくそんなとこまで行ってたなぁと思います。
今はロードの楽さを知っているので、同じことをすると間違いなく途中でへこたれるでしょうね(笑)。

この機会に、自転車と釣りにおけるカーボン事情の違いや比較についての記事をいくつか書こうと思ってます。

by SG_Meccanico | 2012-07-21 20:08 | メカニコ鮮魚店 | Comments(2)

ケミカル用BOX

工具が増えてきて、ツールボックスの中が窮屈になってきたので、ケミカル類は別のボックスに入れることにしました。
最低限必要なものを常に入れておくようにしておけげ、持って行くのを忘れるようなことはないはず(^^;)
d0264476_17111066.jpg

ちなみにこのBOXは、アメリカの老舗BOXメーカーのPLANO。
蓋には、なぜか大漁祈願のステッカー(笑)。
d0264476_17145866.jpg

by SG_Meccanico | 2012-07-20 17:20 | ツールボックス | Comments(2)

オートポリス3時間耐久レース 第2戦

記録的な豪雨で開催が危ぶまれた7月16日のオートポリス3時間耐久レースですが、当日は晴れて蒸し暑い中行われました。
d0264476_21175138.jpg

メカニックサービスとしての初陣となったのですが、まずは反省点を一つ。
必携品ともいえるルーブ(オイル)を忘れて(^^;)、擦れによる音鳴りに対処できませんでした。
前日にボックス内の確認をした時に気付かなければいけなかったのですが、不注意でした(-_-;)

今回、点検・整備を依頼されたのは全員お知り合いの方でしたが、そこから口コミなどでメカニックサービスのことを多くの方に知って頂けると良いなと思っています。
もちろん、自分でももっとアピールしていきますよ!(^O^)

レースの方は、最初の2・3周は逃げようとする動きがありましたが、逃げが決まらずしばらく落ち着いたペースで進んでいました。
d0264476_2119769.jpg

残り1時間になった辺りで、10人弱がメイン集団から抜け出し、少しずつメイン集団との差が開いていきました。
d0264476_21235282.jpg

先頭集団での優勝争いを制したのは、高校生。
ピットでご一緒させてもらったFastoriaのお二人は、残り30分までロードチーム1位だったのですが、最終結果は残念ながら3位でした。
d0264476_21291167.jpg

出走された皆さん、暑い中お疲れ様でした!

by SG_Meccanico | 2012-07-18 21:34 | サイクルイベント | Comments(0)

オートポリス3時間耐久予定通り開催

心配されたオートポリスの3時間耐久レースは、予定通り開催とのことです。
ただし、日田側から行く場合は、片側通行の箇所があるようなので、ご注意を!

ということで、私も予定通りメカニックサポートとして会場へ行きます!
レース前の愛車の点検、気になる箇所等がありましたら、気軽に声を掛けて下さい(^_^)
目印のツールボックスは、こんな感じになってます。
d0264476_1417533.jpg

ちなみに裏面もステッカーが増えてます(笑)。
d0264476_14183684.jpg

レースに参加される皆さん、頑張ってください!(^O^)

by SG_Meccanico | 2012-07-15 14:22 | Comments(0)