カテゴリ:お勧め&便利グッズ( 43 )

自転車用アンクルソックス

皆さんは、自転車用のソックスを使っていますか?薄手の普通のソックスでも大きな問題はないのですが、自転車用のソックスは、大きな負荷が掛かる部分(つま先や踵など)に擦れに強い素材が使われているので、穴が開き難く物持ちが良くてお勧めです(^_^)
d0264476_17212236.jpg

最近は、丈が長いソックスがトレンドなのですが、自分は踝までの丈が短いソックスが好きなので、DeFeetのアンクルソックス(AI LOW CUF)を使っています。ちょっと前まで、色んなメーカーからアンクルソックスが出ていましたが、最近はトレンドに合わせて、丈が長めのソックスが主流になって、探すのに一苦労します(-_-;)

by SG_Meccanico | 2013-06-03 17:40 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

日焼け対策②

よりきちんと日焼けを防止したいなら、長袖ジャージやアームカバーなどで皮膚を覆ってしまうのが一番有効な方法です。暑くないの?と思われるかもしれませんが、繊維の進化が進んで、吸汗性や通気性に優れた素材が使われているので、半袖よりも快適だと感じる人の方が多いのではないでしょうか?
d0264476_1091100.jpg

ウェアの色が、白などの薄い色だと紫外線を完全にはカットできないので、少し日焼けします。走った後に白いアームカバーを外したら、腕にメーカーのロゴが薄っすらと跡に残ってしまったりなんてことがあります(^^;) 薄い色のウェアを着る場合は、薄く日焼け止めを塗っておくと良いと思います。できるだけ手間を省いて日焼けを防止したいという方には、色が濃い目の長袖やアームカバーなどをお勧めします。

by SG_Meccanico | 2013-05-28 11:30 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

日焼け対策①

GWを過ぎてから連日の夏日で、陽射しもきつくなってきましたね。すでに日焼けして真っ黒になっている方も多いのではないでしょうか?日焼けは、体力の消耗にも繋がるので、きちんと対策することをお勧めします。自分は、長袖ジャージやアームカバーをするのが、あまり好きではないので、日焼け止めを塗るようにしています。
d0264476_1555131.jpg

写真左側のスポーツバルム・イエロー4は、日焼け防止の他にクーリング(冷却)効果もあるので、常に陽射しを浴びる首筋に塗って、熱を持たないようにして火照り防止に役立ちます。真夏には、首筋だけでなく、腕や脚にもこのイエロー4を塗るようにしています。顔や腕には、一般的な日焼け止めを塗っていますが、汗で流れ難いウォータープルーフタイプを使っています。

長時間走る場合は、日焼け止めでは完全に日焼けを防止することはできませんが、皮膚が真っ赤になってヒリヒリするようなことはなくなります。走った後にシャワーを浴びたり、湯船に入る時に悲鳴を上げないためにも(^^;)、日焼け対策はきちんとやりましょう!

by SG_Meccanico | 2013-05-25 11:30 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

鍵付きフロントバッグアタッチメント

前から欲しいと思っていた鍵付きのフロントバッグアタッチメントを購入しました。
d0264476_18244274.jpg

何かと便利なので、フロントバッグをよく使うのですが、中が空のまま自転車に付けることもあります。そんな時でも、フロントバッグを盗られると困るので、駐輪する時はバッグを持ち歩かなければならず、面倒臭いなぁと思っていました。この鍵付きアタッチメントなら、取り外しする時に押す解除ボタンをロックできるので、駐輪時に付けっ放しにしてもバッグを盗られる心配が無くなります(^_^)

by SG_Meccanico | 2013-04-04 18:35 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

ある意味毒なnutella

nutellaというココアブレッドを知ってますか?ココアスプレッドにヘーゼルナッツが入っていて、トーストに塗ると香りが良く癖になる美味しさです。パンに塗ってアルミホイルやサランラップで包んで補給食として持って行くのも良いですよ(^_^) これと似たNusicaというのもありますが、こちらはさらに高カロリーなんだそうです。
d0264476_13245075.jpg

ちなみに、現役時代に毎シーズン減量に苦しんでいたヤン・ウルリッヒは、このnutellaをレンジで温めてストローで飲むのが好きだったそうです。そりゃあ痩せないですよね(^^;) ある意味自転車乗りには毒と同じですね(笑)。

by SG_Meccanico | 2013-02-26 13:35 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

滑り止めにクリートカバー

泊りがけの輪行ツーリングでは、自転車用のシューズの他に嵩張らないスニーカーを持って行きますが、日帰りだと荷物を最小限にするため、自転車用のシューズのみで行くようにしています。SPD(マウンテンバイク用)のように歩きやすいペダルとシューズを持っていると、自転車で走る時以外の移動もそれほど問題はないのですが、SPD-SLのようなシロード用シューズだと滑り易い上に歩き難くて、クリートが痛んでしまいます。ロード用のシューズを履いて行く時は、クリートカバーを持って行く、滑り易さとクリートの痛みを防止できます。歩き難さは変わりませんが、これがあるのとないのとでは、歩いて移動する時に掛かるストレスがかなり違ってきます。
d0264476_18195587.jpg

クリートカバーは、各ペダルメーカーから発売されています。付け外しはそれほど面倒ではないので、輪行ツーリング以外でも、普段の練習の昼食時などにも使用すると、クリートの痛みを軽減できて長持ちしますよ(^_^)

by SG_Meccanico | 2013-02-16 18:30 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

荷物は自転車に持ってもらおう!

輪行ツーリングする時は、日帰り・泊りがけどちらの場合でも、自転車に荷物を持ってもらうと、より楽にツーリングを楽しむことができます。
自分の場合、泊りがけの時は、フロントバッグ+リアバッグで自分では一切荷物を背負うことはありません。着替えも最低限に抑えて、2枚以上持って行くのは、嵩張らない靴下と下着ぐらいで、毎日宿に着いたらジャージ等は洗っています。たまにレーパンのパッドが乾いておらず、穿いた時にお尻がヒンヤリすることがありますが(笑)、どうせすぐ汗をかくので気にならなくなります。
あと、リアバッグのみだと重心が後ろよりになってバランスが悪くなるので、フロントバッグを併用することで、適度に前にも荷重が掛かるようになり、バランスが良くなります。
d0264476_17515416.jpg

自分が使っているのは、フロントバッグがRIXEN & KAULのデイパックボックス(容量8L)、リアバッグがCarradiceのネルソン(容量15L)です。RIXEN & KAULのフロントバッグは、ドイツ製品らしい堅実な作りで、専用アタッチメントのおかげでボタン一つで簡単に脱着できて、トイレなどの自転車から離れる時にも持って行けるので、貴重品などを入れるのに最適です。Carradiceのリアバッグは、ウォータープルーフ(防水)加工がされていて、サドルレールに取り付ける専用キャリアを使えば、自転車への取付も簡単にできます。
d0264476_1882625.jpg

日帰りの場合は、フロントバッグのみにしています。容量が8Lあるので、着替え(薄手の物)・輪行袋・地図を入れるのにちょうど良い大きさです。フロントバッグは、走行に与える影響が少ないので、日帰り輪行ツーリングには超お勧めです!

by SG_Meccanico | 2013-02-12 18:25 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

明るいバッテリーライト

11月も半ばを過ぎてだいぶ日が短くなってきましたね。最近は夕暮れ時に走ることが多く、帰りには真っ暗になってしまうので、電池式の明るいライトを装備して行くのですが、近視のせいか(もちろんコンタクトで矯正はしてます)路面が見え難く困っていました。そこで、最近主流になりつつあるUSB充電式のバッテリーライトを購入しました。
d0264476_749465.jpg

まだ室内で点けた程度なのですが、電池式のライトとは比べ物にならない明るさですね。見た目はスッキリしてて軽いし、照らす範囲も広いので、実際に夜間走行で使うのが楽しみです。ヘッドライトが明るいに越したことはないですね(^_^)

by SG_Meccanico | 2012-11-17 07:58 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

予備を持ちましょう

先日の記事で曲がりやすいと紹介したリアディレイラ―ハンガーですが、できるだけ予備を持つことをお勧めします。
d0264476_14484149.jpg

リアディレイラ―ハンガーは、衝撃を受けた時フレームにダメージを与えないようにするために軟らかいアルミが使われいるため、曲がってしまった場合の修正は、1回が限度だと思ってください。曲がり方によっては、1回目の修正でも折れてしまう場合もあります。また、メーカーによっては、リアディレイラ―ハンガーに溝を付けて、衝撃を受けた時にわざと折れるように設計されている物もあります。
d0264476_1457773.jpg

最近はフレームや完成車に、予備のリアディレイラ―ハンガーが付属している場合もありますが、大抵の場合はリペアパーツとして購入しなければいけません。値段は2000~4000円ぐらいなので、ぜひ予備を持ちましょう。できれば、その予備を、スペアチューブなどと一緒にサドルバッグなどに入れて携帯し、出先でのトラブルにも対処できるようにしましょう。
交換作業自体は簡単ですが、必要な工具が、フレームによって六角・トルクス・+ドライバーと違うので、スペアを購入される際に確認してください。あと、リアディレイラ―を付け外しするための工具もお忘れなく!

by SG_Meccanico | 2012-10-19 15:19 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)

提灯型テールライト

夜間走行する時にテールライトを付けていますか?
自分は、点灯していない時は小さく目立たなくて、点灯した時は後方の車に認知してもらいやすい明るい提灯型テールライトを使っていて、周りにも勧めています。http://cycle-sports.globeride.co.jp/bbbo/light/m1rta.html
d0264476_208182.jpg

小さいのにまともに見ると眩しいぐらいの明るさで、付け外しもゴムバンドで簡単にできて使い勝手も良いので、気に入っています(^_^)
d0264476_20124750.jpg

法規上は、リフレクター(反射板)で良いのですが、テールライトを点灯してると認知してもらいやすく、追い越される時も大回りで避けてくれることが多くなるので、夜間走行の安全性高める効果は絶大です。
安全性だけでなく、各々の好みの物を選んで、愛車にアクセントを付けるのも楽しいですよ(^_^)

by SG_Meccanico | 2012-09-20 20:31 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)