カテゴリ:メカニコ鮮魚店( 31 )

海辺の夜遊び

今回は釣りネタです。
寒くなると、夜にタックルを持って海へ遊びに行きたくなります。そこで一緒に遊んでくれるのはメバルです。産卵前で盛んにエサを食べているので、どのメバルもコンディションが良く、元気一杯な引きで楽しませてくれます(^_^)
d0264476_11152307.jpg
夜の海辺は、実際の気温以上に寒く感じるので、暖かい服装で行きましょう。無風時で2℃ぐらい、風が吹くと5℃ぐらい体感温度が低く感じることもあります。

by SG_Meccanico | 2016-12-06 11:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

谷山一文字

遅めの夏休みに鹿児島へ来ています。膝の調子が上向いていたら、桜島などをサイクリングしたかったのですが、まだそこまでできないため、錦江湾の谷山一文字で釣りを楽しみました(^_^)

d0264476_03124961.jpg

5月に続いて良いサイズのオオモンハタが釣れてくれました♪

by SG_Meccanico | 2016-08-20 06:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

パワーオーシャンカップ・オープントーナメント in 鹿児島谷山一文字

膝の故障で、今シーズンはロードレースに出られそうにないので、替わりに10数年ぶりの釣り大会となる『パワーオーシャンカップ・オープントーナメント in 鹿児島谷山一文字』に参加してきました。
長~いレポートになるので、時間がある時に読んでください(笑)。

会場となる谷山一文字は一度も釣りをしたことがないので、土曜日から鹿児島入りして前日プラクティスを行うことに。
対象魚であるアラカブ(カサゴ)とハタ類の中で、オオモンハタかキジハタのどちらに狙いを絞るかがキーとなるのですが、自分はオオモンハタをメインに組み立てようと思って、グラスミノーM or L+スイミングテンヤ+ブレードスピンのスイミング系を中心にプラクティスに臨みました。

渡船で渡してもらった一文字の南側は、多数のベイトがいるものの反応がイマイチだったので、実績が高い北端へ移動。こちらもベイトが多いのでどうかな?と思うと、すぐに1kgクラスのオオモンハタをゲット!その後も北端の消波ブロック周りと敷石の駆け上がりを探ると、コンスタントに中型のオオモンハタが釣れて手応えは上々でした♪ 本番のことを考えて、北端で釣るのは程々にして、一文字の内側を探りながら戻ることに。沖目をスイミング、敷石周りをワインドで探っていくと、スイミングで30㎝台後半のウッカリカサゴ(ショアから釣れることにビックリ!)、ワインドで中型のオオモンハタの反応を得られました。敷石周りでのワインドは、ショートバイトが多いもののコンスタントにアタリが出る状況で、セカンドプランとすることにしました。

競技中に使用できるルアーが、主催者のウエルエフさんの持ちブランドであるエコギアとノリーズ製品に限られるのですが、普段から海で使うソフトルアーの殆どがエコギアなので、ルアー選びをいつも通りに行え、リミットである3匹でのウェイトが2kgぐらいとプラクティスの手応えは上々でした♪
d0264476_021536.jpg

前日プラクティスの状況から、一文字北側でスイミングでのオオモンハタ狙いをメインに、終盤に大会本部へ戻りながら内側の敷石周りをワインドで探るというプランで本番に臨みました。できるだけ北端に陣取りたかったので、スタートコールと共に途中の場所には目も暮れず一文字の北へ。意外と北側を目指す人は少なく、難なく一番反応が良かった北端の外側の陣取りに成功。

心の中で良し!と思いながら、プラクティスと同じようにグラスミノーL+スイミングテンヤ25g+ブレードスピンで釣り開始。スタート時間頃が潮止まりだったので、本命のスポットは軽く流す程度にして、潮が安定して流れるであろう9時頃までは、沖目などの違うところを探っていくことに。相変わらずたくさんのベイトがいるものの、前日よりもカマス(40㎝ぐらいの良いサイズ)が増えて、スイミングさせると邪魔をされてワームがボロボロに…。あまりにもカマスが多いので、潮が安定して流れ出すまで、堤防際を活チヌシュリンプ+14g直リグで落とし込んでいくと、アラカブがポツポツと釣れるも、キーパーサイズの20㎝に超えるのは1匹のみ。

潮が安定して流れ出したのを見計らって、スイミングに戻して本命スポットを探っていくも、ショートバイトが1回あるのみ…。9時を過ぎて北端内側にいた方たちが移動したので、そちらへ移動。ここも前日にコンスタントにオオモンハタの反応を得られていたので、探っていくも全く反応なし。スイミングからテキサスリグに変えてボトムを探っていってもキーパー以下のアラカブの反応しかない非常にマズイ展開。再びスイミングで探り出した頃に運営の方がやってきて、他の参加者の状況を聞くと、渋い状況でアラカブはそれなりに釣れてるものの、他は中型のハタ類が少しで、1kg超えのキッカーとなる魚はキジハタが1匹ぐらいとのこと。「1匹でもキッカーが獲れたら良いところにいけますよ!」という言葉をもらい、もう1回オオモンハタを狙ってスイミングをやるも10時を回っても反応なし。

残り時間が2時間を切って「ヤバい!」と焦りが出てきて、メインプランのスイミングでのオオモンハタを捨てて、セカンドプランの一文字内側の敷石周りをワインドとテキサスリグで探ることに。ワインドにはグラスミノーMのシャッドテール部分を切ったものをワインド用ジグヘッド10gで使用。14gのテキサスリグは、個人的に鉄板の活チヌシュリンプ40㎜をセット。

ワインドにそれなりにアタリが出るも、前日以上のショートバイトでなかなか乗せられず、やっと乗った!と思ってもキーパー以下のアラカブというガックリくる状況…。そんな中で、ようやくズシッと重量感がある魚を乗せるも、まさかのラインブレイク。ドラグ設定を確認するも問題無し、普段は滅多にラインブレイクをしないのでかなり堪えるも、気を取り直して再開。30mほど離れたところで同じく敷石周りを探っていた2人組が、それぞれにキッカーのキジハタを釣り上げ、使っているルアーを見ると少しボリュームのあるルアーを使っていたので、14gテキサスリグのワームをスイミングシュリンプにしてボリュームアップ。丁寧に敷石周りを探るも、ショートバイトと乗せてもキーパー以下のアラカブという状況は変わらず、残り時間が1時間を切る…。

ショートバイトは恐らくキジハタだろうという予想と、どの場所も他の人が探った後に釣ることなるので、リアクションで食わせるワインドのみに絞ることに。ラインブレイクしたものの、唯一キジハタらしき魚を掛けたのもワインド。相変わらずショートバイクが多く、周りの参加者も続々と戻っていく中、残り15分になったところで再び重量感がある魚をフッキング! しかし、良し!と思った瞬間にまたしてもラインブレイク。心が折れる音がハッキリと聞こえました。この後、同じリグをセットして気を取り直そうとするも、完全に心ここにあらずで制限時間5分前に帰着申告。結局アラカブ1匹のみのウェイインで終わりました。
d0264476_1175635.jpg

表彰式で結果をみると、全体でもオオモンハタはあまり釣れず1kg超えは1匹のみで、その代り上位陣は1kg超えのキジハタ多数と、自分は完全にプランを外していたことを知り、さらにガックリ…。慣れ親しんだキジハタ狙いにするべきだったと後悔しました。焦らずに平常心を保てていたら、ラインブレイクした2匹も獲れていたのかなと、メンタル面での反省もしました。その後の抽選でも、何も当たることはなく、収穫は参加賞のキャップ&缶バッジとキジハタホッグの試供品のみで大会を終えました(^^;)

大会本番では惨敗したものの、前日プラでは福岡近辺では味わえないグッドサイズのオオモンハタの釣りを堪能できて、思い返すと楽しい鹿児島遠征でした(^_^) 街中からすぐの沖堤防で大型のハタ類やマダイやコロダイ・青物などたくさんの魚種を楽しめる環境は、羨ましい限りです。ぜひ、また遠征して行きたい場所です♪

雨が降り続ける厳しい天候の中でも、笑顔で運営されていた方々に心から感謝致します。来年からパワーオーシャンカップトーナメント九州シリーズが開催されることを楽しみにしております♪

by SG_Meccanico | 2016-05-31 06:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

春ですね~。

生命感の無い透き通った水色から、少し透明感が無くなった水色になると春だなぁと思うのは釣り人だからでしょうか(笑)。近所の川もいつの間にか春の水の色になり、小魚などを追ってシーバス(スズキ)が入ってきています。今年の初シーバスは、春先の川に入ってきたばかりの個体らしい銀色のホッソリとした魚体でした。
また、外海の方では乗っ込みのチヌが釣れて、こちらでも春を感じます(^_^)
d0264476_23284154.jpg

そんなわけで、釣り物が増えてきて、あれも釣りたいこれも釣りたいといった感じで、自転車に乗れない分を釣りの時間に当てています(笑)。でも、膝が治って乗れるようになったら、やっぱり自転車に乗りたいですね!

by SG_Meccanico | 2016-03-12 11:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

シーズン終盤の河川シーバスゲーム

そろそろ河川シーバスはシーズンが終わりに近付いていますが、産卵を控えた良いコンディションのシーバスがまだ釣れています。福岡市内のどの河川も好調なようで、自分がホームフィールドとする川でも70㎝クラスが釣れました(^_^)
d0264476_16251131.jpg

この時期になるとこの魚がシーズンのラストかな?と思うのですが、良いサイズで締め括ることができれば気持ち良くシーズンを終われますね♪

by SG_Meccanico | 2015-11-14 16:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

今年は当たり年?秋のシーバスシーズン

9月になった途端に涼しくなりそのまま一気に秋に突入した感じがしますが、水の中も同じようで今年は季節の進行が早い気がします。例年通りなら10月頃から姿が見えるグッドサイズのシーバスが、すでに9月上旬から近所の川に入ってきて丸々と太っています。また、個体数も多く、10年ほど前に大型シーバスが乱発した時を彷彿させます。
d0264476_15271655.jpg

この良い状態が長く続くのか、産卵も前倒しになってしまうのか、できれば前者を期待したいですね。

by SG_Meccanico | 2015-09-29 18:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

雨でも快適に♪ ゴアテックス・レインジャケット

2年間使用したレインジャケットの生地が傷んで、思いっ切り浸水するようになってしまったので(^^;)、奮発してゴアテックスのレインジャケットに新調しました。ルアーフィッシングでの使用がメインで体をよく動かすので、より耐久性が高い3層加工(ゴアテックス®ファブリクスの表裏を生地でサンドイッチしたもの)のストームクルーザー ジャケットを選びました。
d0264476_20415017.jpg

自転車用のレインウェアは、高い透湿性・動き易さ・擦れへの耐久性を考えて、使用するゴアテックス素材を使い分けているのが、さすがモンベルですね(^_^)

by SG_Meccanico | 2015-08-25 20:50 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

ルアーもカーボン化の時代?

フレームに限らず様々なパーツがカーボン化している自転車業界ですが、その流れは釣り業界でも同じです。むしろカーボンの利用に関しては釣りの方が先行している印象ですが、今年はカーボンプレートを採用したルアーがMariaから登場しました。http://www.yamaria.co.jp/cms/special/maria/carbon-vib/index.html
d0264476_1571578.jpg

カーボンを使用したルアーということで高価になるのかと思いましたが、意外と平均的な値段だったので、興味本位で1つ購入して使ってみました。メーカーの謳い文句通りしっかりアクションしているのが手元に伝わりつつ軽い引き心地で、他の鉄板バイブよりも引き抵抗による疲労は軽減されそうです。そろそろ秋のシーバスシーズンが始まるので、ボックスに入れておこうと思います(^_^)

by SG_Meccanico | 2015-08-22 06:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

梅雨はトップでバス!

雨の中を自転車に乗るのはあまり好きではないので、雨模様が多い梅雨は釣りに行く機会が多い気がします(笑)。そんな雨の日に楽しいのが、トップウォーターでのバス。ルアーを食う瞬間が見えて、ルアーをアクションさせてる時もワクワクしますね(^_^)
d0264476_726682.jpg

そんなこんなで今日も雨模様なので、バスフィッシングに行こうと思っています♪

by SG_Meccanico | 2015-07-04 07:30 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)

産卵から回復傾向の野池バス

今週末に壱岐のレースがありますが、釣り情報です(笑)。短時間で手軽に楽しめるので、最近は海には行かずバスフィッシングに行っています。時期がらまだ痩せっぽちなアフターのバスが多いですが、だいぶ回復してきた個体も見られるようになってきました(^_^) 釣れる場所や釣れ方も夏に近付いている印象です。
d0264476_2135461.jpg

自分はバスフィッシングに遊び方を教えてもらったので、これからもルールを守りつつ、バスとの戯れを楽しみたいと思います。そろそろハタ系(どんな調理法でも美味しい!)が良くなる時期なので、壱岐が終わったらそちらも狙いに行きたいですね♪

by SG_Meccanico | 2015-06-02 21:15 | メカニコ鮮魚店 | Comments(0)