2.5㎜の違い

この5年ほど172.5㎜のクランクを使っていたのですが、ひょっとしたら回し切れていない?と感じ、8月にクランク長を170㎜に戻しました。

d0264476_14473593.jpg

通常の巡航時では長さの違いを感じることはないのですが、高い負荷が掛かる場面や疲れが出てきた時に、172.5㎜ではペダリングのロスが多くなっているかもと感じていたのが、170㎜ではスムーズに回すことができ、ペースの落ち幅が少しだけ緩くなっているように感じます。まだ3ヶ月ですが、今のところは170㎜に戻して良かったと思っています(^_^)

短い方のクランクが良いという訳ではなく、各々の脚の長さや身体の稼動域のキャパシティの大きさによって適正な長さが決まるものなのだと、クランク長選びの難しさを改めて感じました。ある程度使い続けてみないと分からないのも、難しさの要因の1つだと思います。
自分の場合、脚の長さ(股下82㎝)だけをみると172.5㎜が適正かなと思いますが、身体の可動域のキャパシティが小さいのか(^^;)、170㎜の方が合っているようです。

by SG_Meccanico | 2017-11-07 17:00 | My Bike | Comments(0)