ERGON TP-1の使い方

クリートの位置を視覚的に記録できるERGON TP-1の使い方を紹介します。

まずシューズを履いて母子球と小指の付け根の位置を確認し、マジックやシールでシューズに印を付けてください。シューズに印を付けたら、シューズを脱ぎERGON TP-1にセットして、母子球・小指の付け根・踵の中心の位置をERGON TP-1上にマジック等で印を付けて記録します。この時、三角定規等を使うとより正確に位置を記録できます。
d0264476_18375263.jpg

ERGON TP-1上に、左右それぞれの母子球・小指の付け根・踵の中心の位置の印を付けたら、クリートポジションの記録は完了です。あとは、新しいシューズにした時や、クリートポジションを変えたけどしっくりこずリセットしたい時に、この3点の印に合わせてクリート位置を調整すればOKです。ERGON TP-1に付けた印に合わせて位置を調整する時も、三角定規等を使うと誤差を少なくすることができます。
d0264476_1844226.jpg

このERGON TP-1はシンプルなツールですが、クリート調整の肝となる母子球の前後位置だけでなく、左右の位置やシューズの向きも見られて、かなり優れものだと思います(^_^)

by SG_Meccanico | 2014-12-02 19:00 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)