摩擦によるパンクに注意!

先日のMICHELIN AIR COMP Ultra Lightの記事で、タイヤとチューブの摩擦でチューブが消耗してパンクすると書きましたが、自分の街乗りバイクがそれが原因でパンクしました(^^;) 下の写真は、穴が開いた箇所を〇で囲っていますが、その周りがささくれているのが分かるでしょうか?
d0264476_6534739.jpg

街乗りバイクということで、ノーマルチューブにしていることもあって、油断していました(-_-;) 他の作業をしている時に、タイヤがペチャンコになっているのに気付いたのですが、出先でなくてラッキーでした。ということで、ノーマルチューブであっても、時々チューブにささくれがないか点検しましょう。

by SG_Meccanico | 2013-08-05 11:30 | メンテナンス | Comments(2)

Commented by オヤジ at 2013-08-09 07:58 x
同じチューブ、原因不明のパンクが数年続き、ショップに相談したら、丈夫なチューブを勧められ、以後、パンクは激減しました。
こんな風に擦り減って、元々、薄いのでパンクするんですね。
貴重な、視覚で理解できる写真、ありがとうございます。
Commented by SG_Meccanico at 2013-08-09 21:05
オヤジさん、ロード用のチューブは元々薄いので、こういうパンクが起こりますね。さらに薄肉な軽量チューブは尚更です。
結構タイムリーな感じでパンクしたので、メインバイクのチューブも交換しました(笑)。