ZEROと1の違い

自分が気に入って使い分けているフルクラム・RACING ZEROと1ですが、何が違うの?とよく聞かれます。自分が持っている初代モデルは、ニップル(ZERO:アルミ、1:ブラス)とリム(ZERO:実測430g、1:実測455g)の2つだけです。現行モデルでは、RACING1もZEROと同じアルミニップルになり、違いはリムとハブ(ZERO:カーボンボディ&セラミックベアリング、1:アルミボディ&スチールベアリング)の2つです。カンパニョーロのシャマルとユーラスの違いも同様です。
d0264476_1522693.jpg

どちらも何でもこなすオールラウンドなホイールですが、ZEROの方が上り、1の方が巡行性を重視した味付けをされています。脚質や乗り方にもよりますが、自分で使った印象だと、10%を超えるような急勾配の上り以外では、全体的にRACING1の方がよく走ってくれます。脚力がある人ほど、上りでもRACING1の方が走ると感じるのではないかと思います。なので、両者の価格差(約25,000円)を考えてRACING1を勧めています。
d0264476_15122224.jpg

現行のRACING ZEROはモノトーンが渋くてカッコいいですが、初代モデルのような赤スポークの方が、特別感があったかなと思いますが、皆さんはどうでしょう?

by SG_Meccanico | 2013-07-21 11:30 | メカニコ的ホイール論 | Comments(8)

Commented by S! at 2013-07-22 22:30 x
R1とR3の違いも解説願えますか?特に2Wayなんかの考えもお願いします
Commented by SG_Meccanico at 2013-07-23 21:26
S!さん、RACING1と3の違いは、3をバラしたことがないので、推測になってしまいますが、現行のRACING3は初代RACING1とリム単体・ホイール全体ともに重量面でほぼ同スペックです。ハブがコーラスグレードで、スポークがステンレスになった初代RACING1って感じでしょうか。リーズナブルで、上位モデルと比べても見劣りしない高性能なホイールですね。

2wayに関しては、まだ信頼を置けるロード用のチューブレスタイヤがないので、値段が安いWOをお勧めします。
Commented by S! at 2013-07-24 16:16 x
解説ありがとうございます、練習、レース、ブルベを1本でこなすホイールとして考えておりました
ただ来シーズンモデルで非対称リムを導入するんじゃないだろうかとイマイチ購入に踏み切れません
悩みどころです
Commented by SG_Meccanico at 2013-07-24 22:00
S!さん、仰る通りRACING3は、これ一つで何でもこなすホイールですね。ハイエンドモデルを基にしたモデルなので、2:1システムを用いない非対称リムを採用することはないんじゃなかと予測します。
ちなみに、非対称リムを採用したRACING5は、WH-6800を意識したモデルだと思われるので、結構良いのではないかと注目しています。
Commented by S! at 2013-07-25 15:29 x
知人から2013年モデルのR3 2Way+フュージョン3を貸してもらって試乗してみました。
剛性が高いとは感じませんが良く進むという印象でした、漕ぎ出しが思ってたよりも重く、その知人に借りたもう一本のWH-7850SL+フュージョン2のほうが漕ぎ出しも軽く登りでも良い感じで脚を廻せました
DURAグレードとRacing3を比べるのは酷というものでしょうか?今買うならWH-9000C24CLのほうが良いだろうと知人にも言われました、考えすぎると買えなくなりますね(笑)
Commented by SG_Meccanico at 2013-07-26 01:25
WH-7850SLは、シマノの歴代ロードホイールの中(現行も含む)で一番バランスが良い超万能のホイールですね。現行モデルだとWH-6800が、WH-7850SLの乗り味に近いです。

WH-9000-C24CLは、リムが軽量(実測390g)で上り向けのホイールで、WH-7850SLとは違う乗り味です。デュラエースだと、汎用性があるのはWH-9000-C24TLですが、この価格帯だとRACING1も手が届きますね(笑)。
Commented by S! at 2013-07-26 10:46 x
そうだったんですね、その知人は「結構気に入ってる1本なんだけどね11S対応しなくなるから死蔵になるかも」と言っていました、譲ってくれる雰囲気ではなかったのが残念です(笑)
レーシング1も良いと思ったのですがアルミスポークに一抹の不安を感じておりました
WH-6800はレース仲間ではまだ誰も買っていないので人柱になってみようかなという気になってきました
Commented by SG_Meccanico at 2013-07-26 20:51
アルミスポークの信頼性は、ステンレススポークと変わらないですね。カンパ(フルクラム)だけでなく、MAVICも長年使用され続けているのが、その表れだと思います。
WH-6800が気になるようでしたら、WH-6700がハブ構造が若干違うだけなので、もし可能なら試乗されると良いですよ。