前輪にはフレッシュなタイヤを

そろそろタイヤを交換しないとなぁと思いながら、何やかんで4000㎞ぐらい使ってしまい、後輪がそろそろ限界だったので、新しいものに交換しました。非常に具合が良かったので、新しいタイヤもGP4000Sにしました(^_^)
d0264476_1292913.jpg

自転車は、フロントタイヤのグリップが非常に大事なので、前輪には常に状態の良いタイヤを付けています。自分流のやり方は、新品タイヤの購入は1本で、
前輪:新品タイヤ
後輪:前輪で使っていたタイヤ
という、玉突きでタイヤを換えています。ただ、このやり方だと、タイヤの銘柄を変える時に、まだ使えるタイヤが1本残ってしまうのが欠点ではあるのですが、それは予備タイヤとしてとっておくようにしています。場合によっては、前後で違う銘柄を使うこともあります(笑)。
d0264476_12211611.jpg

よく見かけるフロントに減ったタイヤを持ってくる前後ローテーションは、あまりお勧めしません。あっ、でも、街乗り用で徹底的に使い倒すような場合は別です(笑)。

by SG_Meccanico | 2013-04-16 12:30 | メンテナンス | Comments(0)