携帯ポンプ

皆さんは、携帯ポンプを買う時に、何を重視していますか?
見た目・重量・使いやすさ等、人それぞれだと思いますが、自分の場合は使いやすさを重視しています。
d0264476_20454135.jpg

写真の3つのポンプは、今まで使ってきた携帯ポンプです。
一番下の『TOPEAK・ポケットDXマスターブラスター』は、見た目がスッキリしているので、フレームに取り付けても目立たず、気に入って長い間使っていたのですが、いざパンクした時にポンピングする回数が多いので、結構大変でした(^^;)
そこで、もっとポンピングが楽なポンプを!ということで、一番上の『GIYO・GP01』に替えました。
これはダブルシリンダー式で、LOWとHIの切り替えが付いており、低圧の時は2本のシリンダーで空気量を大きく、高圧になってきたら1本にしてポンピングを軽くできるという優れものです。
GP01は高圧まで入れる労力もそう掛からず良かったのですが、もっと楽なのが欲しい!と思い(笑)、真ん中の『TOPEAK・ミニモーフ』にしました。
ポンピングの回数は、GP01より少し多いのですが、ポンプを地面に置いてポンピングできるというのは、バルブの辺りを手で持ってするのより圧倒的に楽で、今はこれが主戦力になっています(^_^)

GP01にしろ、ミニモーフにしろ、それなりの大きさで、フレームに取り付けると不格好になってしまうのですが、使いやすさを最優先して気にしないようにしています(笑)。
ちなみにちゃんとした携帯ポンプの基準は、とりあえず安心して走れる6気圧までを回数は除いて無理なく入れることができる物としています。
当然、上の3つはその基準を楽々クリアしています。

by SG_Meccanico | 2012-08-18 21:11 | お勧め&便利グッズ | Comments(0)