タイヤが切れた時に

普段の練習やツーリング中に、タイヤがスパッと裂けて困ったことってありませんか?
そんな時に、自宅やゴール地点に辿り着くまでの応急補修用品として、パークツールがタイヤブートというのを出しています。
http://www.hozan.co.jp/parktool/catalog/TB2C.html
d0264476_20362396.jpg

使い方は簡単で、タイヤが裂けた部分の内側に貼るだけで、簡易のパンク防止ベルトとしての役割を果たしてくれます。
タイヤ切れは意外と多いトラブルなので、これを1枚、予備チューブやシール式の簡易パッチと一緒に携帯されてはいかがでしょうか?

タイヤが裂けた時にタイヤブートのような補修用品を持っていない場合は、タイヤが裂けた部分のチューブに千円札などのお札を巻くという裏ワザがあります。
ただ、巻き加減を緩くしないと、空気を入れた時にお札がバラバラになってしまうので(笑)、注意してください。

タイヤブートのお買い求めは、お近くの自転車屋さんか、いつも出入りされているショップでどうぞ!(笑)

by SG_Meccanico | 2012-07-04 20:55 | お勧め&便利グッズ | Comments(2)

Commented by オヤジ at 2012-07-04 21:01 x
まだ、お世話になったことは無いですが、これは、必ずツール缶に入れてます。
先日も、某林道を走りましたが、落石が多く、良く見ると、石が尖ってますね。
貧乏性なので、タイヤ交換まではやってませんが、サイドが少し切れましたね。(汗)
Commented by SG_Meccanico at 2012-07-05 20:38
オヤジさん、僕もこれを携帯するようにしてます。
タイヤの傷で交換するかしないか迷った時は、傷口が膨らんでいるかいないかを見て判断します。
もし膨らんでいたら、コードが切れているので、即交換です。