古くなったリムセメント

居間のディスプレイと化していた自転車に久しぶりに乗りたいなと思って、全体を整備することにしました。
その自転車は、テスト投稿で載せたANCHORの10thアニバーサリーモデルなのですが、3年ぐらいほぼ手付かずの状態でした(^^;)

まず手を付けたのは、ホイール。
チューブラーなので、リムセメントが完全に乾いていました。
d0264476_16394950.jpg

この状態までなってしまうとリムセメントを削ぎ落とさないと、タイヤの貼り直しができません。
マイナスドライバーで削いでいき、最後に真鍮ブラシで仕上げることにしました。
地味な作業ですが、根気強くやるしかありません。正直、あまりやりたい作業ではないですね(笑)。
リムセメントを落とすための溶剤が出ていますが、乾いたリムセメントだとドロドロになってしまい、反って作業が大変になってしまうので、このやり方がお勧めです。

2時間ぐらい作業して、前後とも綺麗になりました。
d0264476_16471842.jpg

ちょうど良い機会なので、リムセメントではなく、チューブラーテープで貼り直しました。
テープだと、リムセメントのように堆積していかないので、タイヤ交換の時にかかる手間が10分の1ぐらいになって楽です。
貼り付ける時に、タイヤが汚れないように気を使わないでいいのも良いですね(^O^)

チューブラータイヤですが、できれば半年ごとに貼り直して下さい。
貼り付けてから1年以上たったタイヤは、セメントやテープの接着力が落ちて走行中に外れる可能性があるので、そうなる前に貼り直しましょう!

by SG_Meccanico | 2012-06-29 17:03 | メンテナンス | Comments(0)